今週、九州は台風や熱帯低気圧に伴う湿った空気の影響を受けて、厳しい残暑と不安定な天気が続く見込みです。また、九州の南部や太平洋側の海上はうねりを伴い波が高くなる所がありますのでご注意下さい。

12日 猛暑日に迫る所も 午後は急な激しい雨に注意

画像A

きょう12日、九州は台風12号や熱帯低気圧の周辺の湿った東風が吹きやすいでしょう。九州の上空にはやや冷たい空気も流れ込み、午後を中心に大気の状態が不安定です。

宮崎県など九州の太平洋側は、雲が多く雨が降りやすくなり、夜は雷を伴い激しく降る所があるでしょう。九州のその他の所は晴れますが、午後は所々でにわか雨があり、雷を伴い局地的に激しく降る見込みです。落雷や突風、急な激しい雨など天気の変化にご注意下さい。

日中の最高気温は各地で30度を超え、内陸部は猛暑日に迫る所もあり、大変蒸し暑く厳しい残暑になります。こまめに水分補給をしたり、暑さの厳しい時間帯は無理な運動は避けるなど、熱中症に警戒して下さい。

また、九州南部や大分県の沿岸海上は、うねりが入り波が高くなる所がありますので、海のレジャーなどは注意が必要です。

南海上には3つに熱帯擾乱

画像B

現在、日本の周辺の海上には、3つの熱帯擾乱があります。

強い台風12号は、きょう12日午後に強い勢力で先島諸島に最も接近する見込みです。先島諸島はあす13日(火)にかけて猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなり大荒れの天気でしょう。14日(水)以降、今週の後半は東シナ海の大陸寄りを北上する見込みです。

また、きょう12日午前9時には、日本のはるか南東のウェーク島近海で台風13号が発生しました。台風13号は、今後、日本に接近することはない見込みです。

さらに、この二つの台風の間に熱帯低気圧のまとまった雲が広がっています。この熱帯低気圧は、次第に日本付近へ北上してくる可能性があり、今後の動向に注意が必要です。

厳しい残暑と不安定な天気が続く

画像C

今週、九州は台風12号や熱帯低気圧の北上に伴い、高温多湿な空気が流れ込むため不安定な天気が続き、大変厳しい残暑が続く見込みです。
特に、湿った東風の影響を受けやすい宮崎県や大分県など九州の太平洋側は、天気がぐずつくでしょう。

今後も、台風12号や南海上の熱帯低気圧の動きにご注意下さい。