きょう12日(月)関東には薄雲が広がっています。神奈川県逗子市の空には「環水平アーク」とみられる現象が出現しました。今夜の関東は雨の降る所がありそうです。

関東 薄雲広がり虹色現象も 真夏日続出

きょう12日(月)の関東地方は、朝から日が差しています。
太陽に薄い雲がかかり、昼過ぎには神奈川県逗子市で「環水平アーク」とみられる現象が出現しました。太陽の光で雲が部分的に虹色に輝く現象で、太陽から見て下に横長の形で見られます。水平に広がるため、水平虹と呼ばれることもあります。

なかなかレアな現象ですが、発見できるととてもうれしい気持ちになります。薄雲がかかっている時には、発見できるチャンスが大きいので、ぜひ空を見上げてみてください。

日差しとともに気温が上がり、関東は各地で30℃以上の真夏日となりました。
午後3時までの最高気温は東京都心で30.9℃、横浜市31.3℃、千葉市30.1℃、さいたま市30.8℃、前橋市と宇都宮市で30.6℃、水戸市28.6℃まで上がり、厳しい残暑です。こまめに水分補給をして、熱中症に油断せずにお過ごしください。

天気下り坂 帰宅時間帯は所々で雨

画像B

きょう12日(月)夜は、広い範囲ではありませんが、所々に雨雲がかかり、雨の降る所があるでしょう。
狭い範囲で弱い雨が中心となりますが、千葉県の房総半島では、局地的に雨の強まる所がありそうです。急な雨にご注意ください。

最新の情報 どこを見たら 何がわかる?

画像C

最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。
②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。
③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。