きょう13日、九州から東海は晴れ間はでますが、所々で雨や雷雨に。激しく降る所もあるでしょう。沖縄の先島諸島では台風12号の影響で大荒れの天気が続きそうです。

九州〜東海 激しい雨に注意

きょう13日も西日本や東日本の上空には寒気が残るでしょう。また、台風周辺と熱帯低気圧周辺の湿った空気や高気圧のふちをまわる湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になりそうです。

九州から東海は晴れ間はありますが、所々で雨や雷雨となるでしょう。雨雲や雷雲が発達し、激しい雨が降る所もありそうです。

関東と北陸も日が差しますが、雨の降る所があるでしょう。雷を伴ってザッと雨脚の強まることもありそうです。東北と北海道も日は差しますが、一部でにわか雨や雷雨があるでしょう。お出かけの際は雨具があると良さそうです。

激しい雨って どんな雨?

画像B

激しい雨は、1時間雨量が30ミリ以上〜50ミリ未満の雨を表しています。これは、バケツをひっくり返したように降るイメージです。また、傘をさしていてもぬれるレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では道路が川のようになり、高速道路を走る車は、タイヤと路面の間に水の膜ができて、ブレーキがきかなくなる「ハイドロプレーニング現象」が起こるおそれがあります。

激しい雨が降ると予想される所では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫を引き起こす可能性がありますので、注意が必要です。

台風12号の影響で先島諸島は荒天続く

画像C

きょう13日4時現在、強い台風12号は石垣島の北をゆっくりとした速さで北上しています。台風の動きはまだ遅く、きょう13日も沖縄では台風の影響が続く予想です。

石垣島や宮古島など先島諸島では、きょう13日の朝にかけて猛烈な風が吹き、昼過ぎにかけて猛烈なしけとなるでしょう。暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒してください。先島諸島と久米島では、海岸や河口付近での低い土地で、高潮による浸水や冠水に注意してください。

また、先島諸島では、激しい雨の降る所がある見込みです。これまでに降った雨で地盤の緩んでいる所があります。昼前にかけて土砂災害に警戒し、低い土地の浸水や河川の増水に注意してください。