きょう13日、九州は台風12号や熱帯低気圧の間接的な影響で、不安定な天気と厳しい残暑が続く見込みです。また、南海上の熱帯低気圧がまもなく台風に発達し、3連休に九州に接近するおそれがあります。今後の動向に注意が必要です。

13日 変わりやすい天気 強風・高波注意

画像A

きょう13日、九州は熱帯低気圧周辺の湿った東風が吹き、不安定な天気でしょう。宮崎県や大分県など九州の太平洋側は雲が多く雨が降りやすく、九州のその他の所も午後は、所々で雨雲が発生しにわか雨や雷雨がある見込みです。変わりやすい天気ですので、屋外での活動は急な強い雨や落雷などにご注意下さい。

また、北から張り出す高気圧と南の台風12号や熱帯低気圧との間で気圧の傾きがやや大きく、九州の沿岸海上を中心に東から北東の風がやや強く吹くでしょう。海上は波が高くなる所が多く、九州南部や大分県の海上はうねりを伴う見込みです。船や海のレジャーは十分にご注意下さい。

きょうも最高気温は内陸部で34度前後まで上がるなど、真夏のような厳しい残暑が続きます。運動会の練習など、万全な熱中症対策を行いましょう。

3連休に九州に台風接近か

きょう13日午前9時現在、強い台風12号が石垣島の北海上を時速10キロで北上しています。石垣島や多良間島は昼前まで暴風に警戒が必要です。その後は、東シナ海の大陸寄りを北北西に進み、15日以降は大陸東岸付近を北上する見込みです。

また現在、日本の南海上にある熱帯低気圧は、あす14日までに台風に発達し次第に北上するでしょう。今のところ、16日(金)に大東島近海へ進み、17日(土)は奄美付近へ、18日(日)に九州の南海上へ進み、九州へ接近するおそれがあります。
また、その後の進路ははっきりしませんが、台風の接近に備えておいた方がよさそうです。

なお、台風が近づくタイミングやコースは変わる可能性があります。こまめに最新の台風情報や気象情報を確認するようにして下さい。

おでかけの計画は最新の気象情報を

画像C

九州は、あす以降も熱帯低気圧周辺の暖かい空気の流れ込みで、大変厳しい残暑が続きます。宮崎県など太平洋側は天気がぐずつくでしょう。

週末からの3連休は、新たに発生する台風が九州へ接近するおそれがあります。台風の進むコースによっては荒れた天気になることも考えられます。

おでかけなどの計画は、こまめに最新の気象情報や台風情報を確認しましょう。