メイン画像

先島諸島では、きょう13日(火)夜のはじめ頃まで非常に強い風が吹くでしょう。台風12号の影響が続く中、南の海上にある熱帯低気圧があす14日(水)にかけて台風14号になる予想です。週末からの3連休に影響が出るおそれがあります。

先島諸島はあす14日(水)にかけて高波警戒

画像A

強い台風12号は、きょう13日(火)正午には石垣島の北約180kmキロの海上を、1時間におよそ10キロの速さで北へ進んでいます。
中心の気圧は955hPa、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルです。
台風は先島諸島から遠ざかりつつありますが、まだ影響が続いていて、台風本体の雨雲も断続的にかかり続けています。

あす14日(水)にかけては、高波に警戒してください。
また、強い風にも油断せずにお過ごしください。13日夜のはじめ頃まで、八重山地方では南西または西、宮古島地方では南のち南西の非常に強い風が吹く見込みです。引き続き、強風に十分注意してください。

予想される最大風速(最大瞬間風速)。
きょう13日
八重山地方  25メートル(35メートル)
宮古島地方  25メートル(35メートル)
久米島    15メートル(25メートル)

あす14日
八重山地方  13メートル(25メートル)
宮古島地方  13メートル(25メートル)
久米島    13メートル(25メートル)

<高波>
予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)
きょう13日
八重山地方、宮古島地方 9メートル
沖縄本島地方 5メートル

あす14日
八重山地方 7メートル
宮古島地方 6メートル
沖縄本島地方 4メートル

<高潮>
久米島では、13日は海岸や河口付近での低い土地では、高潮による浸水や冠水に注意してください。

予想される最高潮位(標高)と高潮に注意が必要な期間
久米島 1.5メートル 13日夜のはじめ頃から夜遅く

日本の南に3つのまとまった雲 まもなく新たな台風発生へ

画像B

きょう13日(火)、石垣島の北に「台風12号」、ウェーク島近海に「台風13号」、そして2つの台風の間には台風のたまご「熱帯低気圧」があります。この熱帯低気圧は、まもなく台風に発達する見込みです。台風になれば「台風14号」となります。

今後の進路予想に注目 週末以降 西日本など荒れた天気か

画像C

台風に発達するとみられる熱帯低気圧は、きょう13日(火)正午、日本の南でほとんど停滞しています。中心気圧は998hPa、最大風速は15m/s、最大瞬間風速は23m/sです。

あす14日(水)にかけて、日本の南で台風に発達する見込みです。16日(金)朝にかけては、次第に速度をあげながら南大東島近海へ進み、沖縄では15日(木)には影響が出そうです。
3連休の初日となる17日(土)は、九州の南へ進み、その後、西日本に近づく恐れがあります。

沖縄は15日(木)から雨 17日(土)〜雨エリア広がる

画像D

沖縄は15日(木)頃から、九州など西日本は17日(土)頃から雨の降る日が続くでしょう。
関東も19日(月)には雨が降り出しそうです。

熱帯低気圧から変わった台風が、西日本を直撃し、大雨や暴風など大荒れの天気をもたらす恐れがあります。まだ週間予報には大きなブレが生じますので、最新の情報を確認して、早めに備えを行ってください。外出の予定のある方は無理のない行動をとるようにしてください。