メイン画像

東海地方は、あす14日も、きょう13日と同じくらいまで気温が上がり、厳しい残暑となるでしょう。15日(木)以降は、少し気温が落ち着きますが、まもなく台風に発達する熱帯低気圧の動向に注意が必要です。

東海地方 3地点で猛暑日

きょうの東海地方は、雲は多少広がっていたものの、日差しに恵まれて気温が上がりました。

15時までの最高気温は、東海地方で最も高かったのは、岐阜県大垣市で35.3℃(全国3位)、続いて、岐阜県揖斐川町で35.2℃、岐阜県多治見市で35.0℃を観測し、3地点で猛暑日となりました。また、名古屋市(千種区)では34.0℃を観測し、平年より4℃ほど高くなりました。名古屋市を見ますと、9月に入ってから30℃を下回ったのは、1日だけで、連日厳しい残暑となっています。

なお、気温の上昇により大気の状態が不安定となっていて、きょう16時30分現在、岐阜県の山地を中心に、雨雲の発達している所があります。あすにかけて、東海地方では、天気の急変に注意して下さい。

あす14日の予想最高気温

画像B

あすも、最高気温は、きょうと同じくらいまで上がるでしょう。内陸部では、35℃前後まで上がり、猛暑日となる所もありそうです。炎天下では、熱中症の危険性が高まります。運動会の練習が行われている学校もあるかと思いますが、お子さんには、こまめな水分補給と適度な休憩をとって、無理をしないように伝えておくと安心です。

週間天気 来週は台風が近づくおそれ

画像C

猛暑日となる地域が出るのも、あすまでで、15日(木)以降は、暑さは少し落ち着くでしょう。変わりやすい天気は続きますが、16日(金)頃までは、高気圧に覆われて、日中は晴れ間が出る見込みです。17日(土)以降は、まもなく台風に発達する南海上の熱帯低気圧からの湿った空気が入りやすくなり、大雨となる所があるでしょう。来週、この台風が東海地方に近づく可能性が出てきました。最新の台風情報をこまめに確認するようにして下さい。

台風接近時の行動(屋外)

画像D

台風の暴風や大雨に備えて、事前に十分な対策をしておけば、いざという時に安心です。雨どいや側溝などには落ち葉や石が詰まっていることもあるため、掃除をして、水はけをよくしておきましょう。また、家の周りにあるもので強風などによって飛ばされる可能性があるものは、室内にしまうか、飛ばされないようにしっかり固定しておきましょう。最新の台風情報を確認しながら、台風が来る前の早い段階での点検や準備を心がけて下さい。