きょう13日(火)、最高気温は全国的に平年を上回り、厳しい残暑に。特に、九州から東海で気温が上がり、猛暑日になった所も。あす14日も、9月中旬にしては厳しい暑さの所が多い見込みです。ただ、北海道は9月下旬から10月並みで、長袖の陽気になるでしょう。

きょう13日(火) 全国的に平年を上回る厳しい暑さ

きょう13日(火)は、最高気温が全国的に平年を上回り、厳しい残暑となりました。
特に、九州から東海で気温が上がり、午後3時までの最高気温は、兵庫県福崎町で35.7℃、長崎県南島原市35.5℃、山梨県甲州市勝沼、岐阜県大垣市、広島県福山市で35.3℃になるなど、猛烈な暑さとなりました。

きょう13日、35.0℃を記録した岐阜県多治見市の猛暑日最晩記録は9月16日(2019年)。
そろそろ各地で猛暑日が終わる頃ですが、まだまだ暑さはとどまらず、9月中旬とは思えない暑さになりました。

東京都心は31.2℃、福島市32.6℃など関東から北でも真夏日になるなど気温が上がりました。
北海道も30℃に迫り平年を5℃以上も上回る暑さになるなど、体に堪えるような暑さでした。

あす14日(水) 九州〜東海は35℃に迫る残暑続く 北海道は一気に秋めく

画像B

あす14日も西日本から東日本を中心に暑さが続く見込みです。
九州から東海にかけては最高気温が35℃に迫る厳しい暑さでしょう。関東や北陸も30℃以上の真夏日になる所が多くなりそうです。
屋外の活動は、こまめに休憩をとり、水分を補給するなど、しっかりと暑さ対策を行ってください。

東北も30℃近い暑さですが、空気はカラッとするでしょう。
北から寒気が流れ込む北海道は20℃を少し超える程度にとどまる所が多く、道東では20℃を下回りそうです。
最高気温は9月下旬から10月上旬並みで、朝晩だけでなく、日中も長袖の陽気になりそうです。服装選びにご注意ください。

気温と服装の目安

画像C

急に肌寒くなった日に慌てないように、秋の服装も準備を整えておきましょう。

季節の変わり目の時期、気温の変化が大きく服装に悩む方もいらっしゃると思います。
上の図は気温と服装の目安です。気温が25℃くらいまで上がる日は半袖でちょうど良いくらいですが、20℃くらいになると、長袖シャツがぴったりでしょう。残暑が続き、まだ日中は半袖で十分過ごせる日が続きますが、朝晩15℃くらいになると、羽織るものが必要になってきます。

日々の最高気温や最低気温もチェックして、服装選びにお役立てください。風の強さや人により暑さや寒さの感じ方が違うため、上の図はあくまで目安ですが、参考になさってください。