きょう14日は、関東甲信から西では最高気温が35℃前後まで上がる所もあり、残暑が厳しいでしょう。ただ、大気の状態が不安定で、局地的に雨や雷雨となりそうです。また、午前3時に小笠原近海で台風14号が発生。今後の動向にご注意ください。

きょうの天気

きょう14日は、本州付近は高気圧に覆われますが、湿った空気の影響を受けるでしょう。また、台風第12号は、東シナ海を北上し、次第に沖縄地方から遠ざかっています。

<各地の天気>
沖縄は、晴れ間がありますが、にわか雨の所があるでしょう。沿岸ではうねりを伴いしけや波が高くなっています。しけや波の高い状態が続きますので、うねりを伴った高波に十分ご注意ください。

九州から東海は、おおむね晴れそうです。ただ、大気の状態が不安定となり、午後を中心に、にわか雨や雷雨の所があるでしょう。東海では局地的に激しく降りそうです。関東甲信も日中は日差しが出ますが、雲が多いでしょう。甲信では所々で雷を伴って雨が降りそうです。雨雲や雷雲が発達する所もありそうです。

東北は日中は広く秋晴れとなりそうです。多少雲が広がりますが、天気の崩れはなさそうです。

北海道は朝まで雨や雷雨の所がありますが、次第に天気が回復して晴れるでしょう。

きょうの最高気温

きょう14日の最高気温は、沖縄と九州から東北は、きのう13日と同じくらいか低いものの、平年並みか、平年より高い所が多いでしょう。関東甲信から九州は、多くの所で30℃以上の真夏日で、35℃前後まで上がる所もありそうです。9月とは思えない厳しい暑さでしょう。

一方、北海道は、寒気が流れ込む影響で、きのう13日よりもグッと気温が低くなりそうです。旭川ではきのう13日は30℃近くまで上がりましたが、きょう14日は一転して20℃に届かない見込みです。釧路も20℃に届かないでしょう。札幌は20℃を少し超えるくらいで、各地で秋の涼しさを感じられそうです。前日との気温差が大きくなりますので、外出時の服装や体調管理にお気をつけください。

小笠原近海で台風14号が発生

画像C

きょう14日午前3時に小笠原近海で台風14号が発生しました。今後、日本の南を発達しながら、西よりに進む見込みです。16日以降、南西諸島や西日本に接近するおそれがあり、シルバーウィークの天気に影響が出る可能性があります。今後の動向にご注意ください。