きょう15日(木)も、九州の北西部を中心に猛烈な暑さが続くでしょう。熱中症警戒アラートが、九州の広い範囲に発表されています。この時季としては異例の猛烈な暑さが続くため、熱中症に警戒してください。

九州北西部 猛烈な暑さ警戒

画像A

きょう15日(木)も東風のフェーン現象の影響で、九州の北西部を中心に猛烈な暑さが続くでしょう。予想最高気温は、佐賀市と福岡県久留米市で36度、福岡市と長崎市、熊本市は35度と、猛暑日の所がある見込みです。平年より5度前後も高く、この時季としては異例の猛烈な暑さが続くため、熱中症に警戒してください。
暑い時間帯の昼間の外出はなるべく避ける、室内でもエアコンなどで涼しい環境にして過ごすなど、油断せず熱中症予防のための行動をとりましょう。

猛烈な暑さはあす16日まで

画像B

この異例の猛暑は、あす16日(金)まで続くでしょう。その後は、台風14号が九州に接近し、18日(日)から19日(月・祝)頃に大荒れとなる恐れがあります。今後も最新の気象情報や交通情報をこまめに確認してください。