メイン画像

台風14号は、あす16日(金)に大東島地方に接近、進路によっては、17日(土)から18日(日)にかけて沖縄本島地方にも接近するおそれがあります。最新の情報を確認し、連休前半のお出かけは台風が接近する場合に備えた計画も立てておきましょう。

台風14号 あす16日(金)から大東島地方に接近

大型の台風14号は、きょう15日(木)15時現在、日本の南の海上にあって、時速15キロの速さで西に進んでいます。台風は今後、発達しながら北西へと進み、大東島地方に接近する見込みです。

あす16日(金)、大東島地方では北よりの風が非常に強く吹き、17日(土)は暴風となるでしょう。発達した雨雲がかかると警報級の大雨となるおそれもあります。

大東島地方で予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
16日 20メートル(30メートル)
17日 25メートルから29メートル(35メートルから45メートル)

台風の接近に伴い、沿岸の海域ではうねりを伴って、大東島地方では16日から17日にかけて大しけとなる見込みです。進路によっては18日まで大しけの状態が続くおそれもあります。うねりを伴った高波に警戒してください。

また、台風が予報円の西よりの進路を通る場合、沖縄本島地方でも17日(土)から18日(日)にかけて暴風や警報級の大雨になるおそれがあります。
今後も最新の台風情報を確認し、早めの台風対策をお願いします。

シルバーウィークは変わりやすい天気

画像B

今週末、先島諸島はおおむね晴れるでしょう。
週明け、台風14号が離れると、本島や大東島地方でも晴れ間が戻りそうです。ただ、天気は変わりやすく、晴れたり曇ったり、22日(木)前後や25日(日)ごろは雨が降ることもある見込みです。

台風接近時の行動(屋内)

画像C

■スマートフォンや充電器、ノートパソコンなどを充電しておく
スマートフォンや携帯電話は、万が一の際に連絡を取ったり、情報を入手したりする手段として、必需品となっています。停電に備えて、あらかじめスマートフォンや携帯電話、充電器の充電をしておきましょう。
ノートパソコンも同様です。また、ノートパソコンは、充電器の代わりとして使用することも可能です。

■電化製品や家財道具を2階以上にあげておく
浸水の危険がある場合、テレビやパソコンなどの動かせる電化製品や家財道具は2階以上へ移動させておきましょう。