シルバーウィークの前半は、台風14号の影響で、日本列島の広い範囲で、大雨や暴風のおそれがあります。そして後半も、台風や熱帯低気圧が発生しやすく、秋雨前線の影響もあり、関東など雨の続く所があるでしょう。台風への備えは早めに行うとともに、お出かけの際は、予定の変更も視野に入れ、最新の気象情報を確認してください。

前半:台風14号が 九州に接近・上陸の可能性も

画像A

今年のシルバーウィークは、天気のポイントが2つ。前半の天気のポイントは、台風14号です。

台風14号は、15日木曜12時現在、強風エリアが広がり、「大型」の台風に発達しました。この台風14号は、今後、更に発達し、17日土曜には「強い」勢力で、沖縄の南大東島に近づく予想です。18日日曜になると「強い」勢力のまま、九州の南へ進み、19日月曜:敬老の日には、九州に接近・上陸する可能性があります。

台風が近づくにつれて、沖縄・奄美と西日本では、17日土曜からの3連休は、天気が次第に荒れてきそうです。

沖縄は、大東島地方を中心に、暴風や高波に警戒が必要です。福岡など九州では、18日日曜から19日月曜:敬老の日は、雨や風が強まるでしょう。九州だけでなく、四国や紀伊半島など、西日本の太平洋側では、南東斜面を中心に、記録的な大雨になるおそれもあります。

ハザードマップを確認したり、雨どいを掃除したりするなど、台風への備えは、早めに行ってください。

列島の広範囲で 大荒れ・大しけ・大雨・高潮のおそれ

台風14号の影響は、沖縄・奄美や西日本だけではありません。

関東など東日本でも、17日土曜から雨が降りだし、3連休は傘が手放せなくなりそうです。台風の進路次第では、北陸を中心に、雨や風が強まるでしょう。

また、北日本でも、20日火曜頃にかけて、大荒れ・大しけ・大雨・高潮のおそれがあります。お出かけの際は、予定の変更も視野にいれながら、最新の台風情報を確認してください。

9月後半でも 蒸し暑い 服装選びにも注意

画像C

さらに、気を付けなければならないのは、台風による大雨や暴風だけではありません。

台風が暖かい空気を運んでくるため、3連休は、大阪や金沢などで、最高気温が30℃以上の日が続くでしょう。仙台や東京でも、最高気温は30℃近くまで上がりそうです。気温だけでなく、湿度も高いので、蒸し暑く感じられるでしょう。

そして、この蒸し暑さは、昼間だけでなく、朝晩も続きそうです。最低気温は、那覇・福岡・大阪では、3連休は25℃以上の日が続くでしょう。東京・金沢でも、19日月曜:敬老の日は、25℃以上の予想です。9月も後半ですが、蒸し暑さで体調を崩さないよう、お気をつけください。

一方、札幌では、19日月曜:敬老の日までは、最高気温が25℃以上ですが、20日火曜は、16℃までしか気温が上がらない予想です。3連休が終わると、急に秋めいてきますので、お出かけの際は、服装選びにご注意ください。

後半:「台風」「熱帯低気圧」が発生か 「秋雨前線」の影響も

画像D

シルバーウィーク後半の天気のポイントは、「台風」「熱帯低気圧」「秋雨前線」です。

台風14号が北上した後も、南の海では、台風や熱帯低気圧の発生しやすい状態が続くでしょう。さらに、来週中ごろからは、本州付近に秋雨前線が停滞しやすくなりそうです。

台風や熱帯低気圧が、日本に接近・上陸しなくても、油断はできません。台風や熱帯低気圧が北上することにより、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」を運んでくるため、本州付近に停滞する秋雨前線を刺激すると、大雨になる可能性もあります。

シルバーウィーク後半の天気を見ますと、東京は、22日木曜頃から雨の日が続くでしょう。金沢や仙台、札幌も、連日、傘の出番となりそうです。

一方、大阪や福岡など、西日本では、23日金曜:秋分の日と24日土曜は、雲が広がりやすいでしょう。25日日曜は、大阪では、雨の降る時間もありそうです。

このシルバーウィークは、台風や秋雨前線などの影響で、予報が大きく変わる可能性があります。お出かけの際は、最新の天気予報を確認してください。