メイン画像

大型の台風14号は今後勢力を強め、17日土曜日には沖縄・奄美・九州南部に接近する見通しです。暴風や高波に厳重に警戒してください。来週は、西日本から北日本に影響を及ぼすおそれがあり、台風が近づく前から大雨となる可能性があります。

台風14号 週末に沖縄や九州南部 来週は西日本〜北日本で広く影響

大型の台風14号は、きょう(15日)午後3時には日本の南にあって、1時間におよそ15キロの速さで西へ進んでいます。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルです。

台風は今後、発達しながら日本の南を西北西に進み、あさって土曜日(17日)には強い勢力で沖縄や奄美、九州南部に接近する見通しです。さらに日曜日(18日)ごろには強い勢力で九州に接近し、来週火曜日(20日)ごろにかけて進路を次第に東に変えて、西日本から北日本にかけての広い範囲に影響を及ぼす可能性があります。

沖縄・奄美・九州南部 「暴風」「高波」に厳重警戒

画像B

沖縄地方ではあす(16日)には非常に強い風が吹き、うねりを伴う大しけとなるところがあるでしょう。あさって土曜日(17日)には、沖縄地方と九州南部・奄美地方では、猛烈な風が吹いて、うねりを伴う猛烈なしけとなる見込みです。暴風や高波に厳重な警戒が必要です。

あす(16日)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
沖縄地方で、20メートル(30メートル)

あさって(17日)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
九州南部・奄美地方で、30〜40メートル(40〜60メートル)
沖縄地方で、25〜29メートル(35〜45メートル )です。


あす(16日)に予想される波の高さは、
九州南部・奄美地方で、5メートル
沖縄地方で、7メートル

あさって(17日)に予想される波の高さは、
九州南部・奄美地方、沖縄地方で、10メートル となっています。

土砂災害などに警戒 台風から離れた地域でも大雨に注意・警戒を

画像C

台風の接近や、湿った空気が流れ込むことに伴って、大雨に警戒が必要です。
九州南部では、あす(16日)にかけて土砂災害や河川の増水に注意・警戒してください。あさって土曜日(17日)からは、台風周辺や台風本体の発達した雨雲により、九州南部・奄美地方では大気の状態が非常に不安定となって、警報級の大雨となる見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。
また、台風から離れた地域でも、暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定となり、大雨となるおそれがあります。

あさって(17日)午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
九州南部・奄美地方・東海地方(三重県)で、100〜200ミリ
沖縄地方で、100〜150ミリ となっています。