メイン画像

東海地方では、三連休は日を追うごとに、台風14号への注意・警戒が必要です。台風への備えは早めにして、お出かけの際は、最新の気象情報や交通情報を確認するようにして下さい。

台風14号 東海地方への影響は?

画像A

大型で非常に強い台風14号は、きょう16日12時現在、日本の南にあって、時速10㎞の速さで西北西へ進んでいます。この後、次第に速度を上げて、あす17日の朝には南大東島の東海上へ進み、18日(日)は九州に接近し、19日(月)には、日本海を東寄りに進む見込みです。
東海地方は、台風の東側にあたり、台風が近づく前から湿った空気が入りやすく、三重県南部などでは雨が長引くおそれがあります。また、東海地方の広い範囲で、強風域(風速15m以上の強風が吹いているか吹く可能性がある黄色い円のエリア)に入る可能性が高いでしょう。

三連休の天気

画像B

【17日(土)】
台風が北上してくると共に、東海地方には、台風周辺の東寄りの湿った空気が入る見込みです。三重県南部の早い所では、今夜日付が変わる頃から雨が降りだし、あすは、一日雨が降るでしょう。その他の地域も、変わりやすい天気で、沿岸の地域を中心に雨が降る見込みです。
【18日(日)】
東寄りから南東の風に変わって、引き続き、湿った空気が入りやすい状態が続くでしょう。あすよりも広く雨となり、降る時間も長くなりそうです。
【19日(月)】
台風が日本海を東寄りに進むため、暴風を伴い荒れた天気となる所がある見込みです。南寄りの湿った空気が入り、また、台風本体の雨雲がかかるため、夜にかけて雨が続き、雨量が増えるでしょう。

台風14号 警報級の可能性

画像C

東海地方は、台風から遠く離れている段階から、雷を伴って局地的な大雨となるおそれがあります。三連休は日を追うごとに、大雨、暴風、高波、高潮に一層注意、警戒が必要です。雨や風が強まる前に、台風への備えをして、三連休は、最新の気象情報や交通情報を確認してお過ごし下さい。

週間天気

画像D

台風14号が通り過ぎたあとも、湿った空気の影響で、曇りや雨の日が続きそうです。また、新たな台風が発生する予想も見られます。シルバーウィーク後半も、天気と相談しながらお出掛けの計画をたてましょう。