関東では台風14号が離れているうちから大雨となって、海上では波が高くなるおそれがあります。また、次第に風が強まり、暴風となる可能性があります。台風の進路の予想にはまだ幅があるため、最新の気象情報を確認し備えを進めてください。

大雨に警戒 暴風の可能性も

画像A

大型で非常に強い台風14号は、きょう(16日)午後3時には、日本の南の海上にあって、1時間におよそ15キロの速さで北西へ進んでいます。中心の気圧は950ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルです。

台風はあす(17日)の日中に沖縄の大東島地方に接近し、夜から月曜日(19日)にかけて奄美地方から九州にかなり接近するおそれがあります。関東では来週火曜日(20日)ごろにかけて影響を受けるでしょう。

あす(17日)は、台風はまだ関東から離れた位置にあると予想されますが、関東では午後から各地で雨が降りだしそうです。今回の台風による雨の特徴は、「台風が離れていても大雨となる可能性がある」ということです。これは台風周辺の湿った空気が流れ込むためで、特に西日本や東日本の太平洋側の地域で降水量が多くなる予想です。

あさって(18日)は断続的に雨が降り、来週火曜日(20日)ごろにかけては、台風の進路などによっては大雨となるおそれがあります。神奈川県や群馬県では、あさって(18日)から火曜日(20日)は、警報級の大雨となる可能性が「中」となっています。
土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に注意・警戒が必要です。

きょう(16日)午後6時からあす(17日)午後6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、
関東北部で、30ミリ
関東南部で、50ミリ
伊豆諸島で、80ミリ

その後、あす(17日)午後6時からあさって(18日)午後6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、
関東北部と伊豆諸島で、100〜150ミリ
関東南部で、100〜200ミリ です。

その後、火曜日(20日)ごろにかけて降水量はさらに増える予想です。

また、月曜日(19日)から火曜日(20日)は、台風が西日本から東日本・北日本付近へ進む予想となっていますが、関東ではこのタイミングで風が強まりそうです。台風の進路や発達の程度によっては、警報級の暴風となる可能性があります。火曜日(20日)は、関東と伊豆諸島で警報級の暴風となる可能性が「中」となっています。強風に注意・警戒してください。

画像B

海上・沿岸部では高波に警戒を

画像C

海上でも、台風周辺のうねりなどが入るため、台風が離れているうちから影響が出そうです。海はしけとなり、火曜日(20日)ごろは大しけとなりそうです。
あさって(18日)は、関東南部や伊豆諸島で、警報級の可能性が「中」となっていて、月曜日(19日)は、神奈川県で警報級の可能性が「高」で、関東北部でも「中」となっています。
さらに火曜日(20日)は、神奈川県に加えて、千葉県と伊豆諸島でも、警報級の可能性が「高」となっています。

きょう(16日)に予想される波の高さは、
関東地方 2.5メートル うねりを伴う
伊豆諸島  4メートル うねりを伴う
小笠原諸島 5メートル うねりを伴う

あす(17日)に予想される波の高さは、
関東地方 4メートル うねりを伴う
伊豆諸島  5メートル うねりを伴う
小笠原諸島 5メートル うねりを伴う

あさって(18日)に予想される波の高さは、
関東地方 4メートル うねりを伴う
伊豆諸島  5メートル うねりを伴う
小笠原諸島 4メートル うねりを伴う

水曜日以降もすっきりしない天気

画像D

水曜日(21日)以降は、関東は前線の影響を受け、また、南の海上には熱帯擾乱が発生して暖かく湿った空気が流れ込むため、雨の日が続きそうです。
最高気温は、月曜日(19日)までは30度くらいですが、火曜日(20日)以降は、27度前後でしょう。