大型で非常に強い台風14号は、非常に強い勢力を維持したまま、17日の日中に大東島地方に接近し、17日夜から19日にかけて、奄美地方から九州にかなり接近するおそれがあります。南西諸島や西日本を中心に暴風や高波に厳重に警戒し、西日本を中心に、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に、厳重に警戒してください。

台風14号 予想進路

画像A

「大型で非常に強い」台風14号は、16日15時には日本の南にあって、1時間におよそ15キロの速さで北西へ進んでいます。

台風は、日本の南を北西へ進み、「非常に強い」勢力を維持したまま、17日日中に大東島地方に接近し、その後17日夜から19日にかけて奄美地方から九州にかなり接近するおそれがあります。台風は、その後、次第に進路を東よりに変えて、20日頃にかけて本州付近を北東へ進むため、西日本から北日本の広い範囲で、台風の影響を受けるおそれがあります。

予想される 風の強さは?

画像B

今回の台風、まず、警戒が必要なのは、暴風や高波です。

台風の接近に伴い、沖縄地方では16日から非常に強い風が吹き、17日には風速25メートル以上の暴風となるでしょう。

風が強まるエリアは、台風の北上に伴い、北へ移りそうです。九州南部・奄美地方を中心に、17日には飛来物によって負傷したり、走行中のトラックが横転するおそれもある「猛烈な風」が吹き、18日には、さらに風が強まって、一部の住家が倒壊するおそれもある「猛烈な風」が吹く見込みです。

17日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は
九州南部・奄美地方:30メートル(45メートル)
沖縄地方:25メートル(35メートル)

18日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は
九州南部・奄美地方:40から50メートル(55から70メートル)
九州北部地方:30から40メートル(40から60メートル)
四国地方:25から29メートル(35から45メートル)
沖縄地方、中国地方、近畿地方:20から24メートル(25から35メートル)となっています。

九州南部・奄美地方を中心に、風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど、暴風に厳重に警戒してください。

予想される 波の高さは?

画像C

また、南西諸島や西日本では、17日から18日にかけて、うねりを伴って猛烈なしけとなる見込みです。

17日にかけて予想される波の高さは
九州南部:12メートル
沖縄地方、奄美地方:10メートル
四国地方:8メートル
九州北部地方:7メートル
近畿地方、東海地方:6メートル
関東甲信地方:5メートル

18日に予想される波の高さは
九州南部、四国地方:12メートル
九州北部地方:11メートル
奄美地方、近畿地方:10メートル
沖縄地方、東海地方:7メートル
関東甲信地方:5メートルの見込みです。

南西諸島や西日本では、うねりを伴った高波に、厳重に警戒してください。

予想される 雨量は?

画像D

さらに、台風が近づくにつれて、台風周辺や台風本体の発達した雨雲がかかるため、大雨のおそれもあります。

17日から19日頃にかけて、西日本や東日本の太平洋側を中心に、「非常に激しい雨」や「激しい雨」が降り、大雨となるでしょう。

17日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で
九州南部、東海地方:200ミリ
沖縄地方:180ミリ
奄美地方、四国地方、近畿地方:150ミリ

その後、18日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で
九州南部:400から600ミリ
九州北部地方:300から400ミリ
奄美地方、四国地方、近畿地方、東海地方:200から300ミリ。
関東甲信地方:100から200ミリの見込みです。

西日本を中心に、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に、厳重な警戒が必要です。また、局地的に雷雲が発達しますので、落雷や竜巻などの激しい突風に、ご注意ください。

高潮のおそれも

そして、台風の接近に伴い、西日本では18日から20日頃にかけて、潮位が高くなり、警報級の高潮となる可能性があります。高潮に、注意・警戒が必要です。

今回の台風は、日本列島を縦断するコースを取る可能性があり、沖縄・奄美や西日本だけでなく、東日本や北日本にも、広く影響を及ぼすおそれがあります。「台風がまだ離れているから」と油断しないで、最新の台風情報を確認し、備えはできるだけ早く行ってください。