大型で猛烈な台風14号は、きょう17日(土)昼過ぎに大東島地方に最も接近し、19日(月)にかけて、奄美地方と九州にかなり接近する見込みです。その後、次第に進路を東よりに変えて、20日(火)頃にかけて本州付近を北東へ進むため、東海から東北でも大荒れの天気になる恐れがあり、警戒が必要です。

大型で猛烈な台風14号 広い範囲に影響

大型で猛烈な台風14号は、17日(土)8時現在、南大東島の東約200キロを1時間におよそ20キロの速さで北西へ進んでいます。中心の気圧は910ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルで、中心の東側185キロ以内と西側150キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。また、中心の東側750キロ以内と西側650キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は、きょう17日(土)昼過ぎに大東島地方に最も接近した後、今夜(17日)から19日(月)にかけて、奄美地方と九州にかなり接近する見込みです。その後、次第に進路を東よりに変えて、20日(火)頃にかけて本州付近を北東へ進むでしょう。
このため、東海から東北でも大荒れの天気になる恐れがあります。

交通機関に影響の出る可能性もありますので、最新の台風情報とともに、交通情報も確認して、早めに台風への備えをなさってください。

一部の住宅が倒壊する恐れもあるほど猛烈な風

画像B

大東島地方では、すでに猛烈な風が吹いていますが、このあとも猛烈な風が吹くでしょう。南西諸島と西日本では、18日(日)にかけて非常に強い風が吹き、今夜(17日)から18日(日)にかけて、九州南部・奄美地方を中心に、一部の住家が倒壊する恐れもあるほど猛烈な風が吹く見込みです。

17日(土)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
沖縄地方、奄美地方:30メートル(45メートル)
九州南部:25メートル(35メートル)

18日(日)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
九州南部・奄美地方、九州北部地方:45メートル(65メートル)
四国地方:25メートル(35メートル)
中国地方、近畿地方:23メートル(35メートル)
沖縄地方:20メートル(30メートル)
の見込みです。

最大風速30メートル以上の猛烈な風とは、特急電車と同じくらいの速さで、多くの樹木が倒れたり、走行中のトラックが横転するなど、屋外での行動が危険な強さの風です。
南西諸島と九州では、風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒してください。

高波や高潮にも警戒

画像C

また、南西諸島と西日本では、うねりを伴って猛烈なしけとなり、東日本でも大しけとなるでしょう。

17日(土)に予想される波の高さは(いずれもうねりを伴う)、
沖縄地方:12メートル
奄美地方:11メートル
九州南部:10メートル
四国地方:8メートル
九州北部地方:7メートル
近畿地方:6メートル
東海地方、関東甲信地方:5メートル

18日(日)に予想される波の高さは(いずれもうねりを伴う)、
九州南部:13メートル
奄美地方、四国地方:12メートル
九州北部地方:11メートル
近畿地方:10メートル
沖縄地方:8メートル
東海地方:7メートル
関東甲信地方:5メートル
の見込みです。

また、台風の接近に伴い、西日本では18日(日)から19日(月)にかけて、潮位が高くなり、警報級の高潮となる見込みです。高潮や高潮と重なり合った波浪による浸水に、厳重に警戒してください。

大雨にも警戒を

画像D

台風周辺や台風本体の発達した雨雲により、19日(月)にかけて、西日本や東日本の太平洋側を中心に猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、大雨となるでしょう。

18日(日)6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
九州南部:400ミリ
四国地方、東海地方:300ミリ
奄美地方:250ミリ
沖縄地方、九州北部地方、近畿地方:200ミリ
関東甲信地方:120ミリ

その後、19日(月)6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
九州南部、四国地方:300から500ミリ
奄美地方、九州北部地方、東海地方:300から400ミリ
近畿地方:200から300ミリ
中国地方、関東甲信地方:100から200ミリ です。

なお、線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに雨量が増える恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

台風が近づく前の対策 大雨に備えて

画像E

台風が接近するまでに、大雨への備えをしておきましょう。事前に備えておくポイントは、主に次の3つです。

1つめは、水害に備えて、雨どいや排水溝、側溝を掃除し、水はけを良くしておきましょう。砂利や落ち葉、ゴミなどが詰まっていないかも、確認しておいてください。

2つめは、浸水による被害を防ぐため、家財道具や家電製品、食料品などは、可能な限り、高い所や2階以上へ移動させておくと良いでしょう。押し入れの下の段に入っているものは、上の段に移しておくだけでも、被害を小さくできます。

3つめは、電源のコンセントは抜いておくと良いでしょう。電源のコンセントが水につかると、漏電やショート、感電の恐れがあります。

最新の台風情報を確認して、早めに台風への備えをなさってください。