大型で猛烈な台風14号、3連休初日の17日は、大東島地方に最も接近。17日夜〜19日は奄美地方と九州に接近・上陸のおそれ。大型で動きが遅いため、広範囲で長時間影響大。いつ・どこで・何に警戒が必要か?各地の警戒期間をまとめました。

大型で動きが遅い 広範囲で影響大

画像A

台風14号は、17日12時(推定)、「大型」で「猛烈な」勢力で、南大東島の東北東約170キロを1時間におよそ20キロの速さで北西へ進んでいます。中心気圧は910hPaと、今年最も発達した台風となっています。

このあとも、台風は南大東島の東海上を北西へ進み、猛烈な勢力を維持したまま、きょう17日の昼過ぎに大東島地方に最も接近。その後、あす18日には奄美大島の東海上を通って、九州へ接近・上陸するおそれがあります。その後、進路を東よりに変えて、20日頃にかけて本州付近を北東へ進む見込みです。大型で動きが遅いため、西日本〜北日本の広い範囲で、長時間影響を受けるおそれがあるため警戒が必要です。

いつ・どこで・何に警戒?

画像B

【沖縄・奄美地方】
大東島地方では17日夜のはじめ頃にかけて暴風となり、18日にかけて猛烈なしけや大しけが続く。十島村の最大瞬間75メートルの予想。一部の住家が倒壊するおそれがある猛烈な風が吹く見込み。18日午前にかけて暴風・大雨・高波・高潮に警戒。

【九州南部】
18日朝〜夜にかけて、鹿児島県にかなり接近・上陸のおそれ。早ければ、17日夕方から鹿児島県で特別警報発表の可能性あり。台風の動きが遅いため、風速25メートル以上の暴風域に24時間以上入るおそれ。18日12時までに予想される24時間雨量は、多い所で500ミリ。その後、19日12時までの24時間は、多い所で300ミリ〜500ミリの予想。線状降水帯が発生する可能性もあり、局地的に更に雨量が増える。19日午前にかけて、暴風・大雨・高波・高潮に厳重警戒。

【九州北部・中国・四国】
17日夜から次第に雨・風が強まる。18日に予想される最大瞬間風速は70メートルと、走行中のトラックが横転するなど猛烈な風。18日12時までに予想される24時間雨量は、多い所で200ミリ、その後19日12時までの24時間に予想される雨量は多い所で300ミリ〜400ミリ。線状降水帯が発生すると更に雨量が増えるおそれ。

九州や中国・四国では、たった一日で、平年の9月1カ月分の雨量がザッと降る所も。土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫などに厳重な警戒が必要です。

東日本・北日本も油断禁物

画像C

【近畿・東海】
あす18日の午後から雨が強まり、19日は暴風に警戒。

【関東甲信】
19日〜3連休明け20日にかけて大雨に注意・警戒。沿岸部中心に強風に注意。

【北陸】
18日は日が差すが、フェーン現象で最高気温が35℃前後まで上がる予想。急な暑さに注意。19日午前から大雨に、19日午後からは暴風に警戒が必要。台風の中心が北陸地方の南を通過する場合には、フェーン現象はなく、北東方向からの暴風、海上や沿岸部では高波にも警戒が必要。

【北海道・東北】
台風が近づく前から雨脚が強まる。19日午後〜20日は荒天のピーク。大雨のおそれあり。

なお、警戒期間は17日午前の資料をもとに作成しています。台風の進路や進む速さによって影響期間が変わる可能性があります。最新の情報を確認してください。