大型で非常に強い台風14号は、勢力を維持したまま北上し、あす19日(月)にかけて、九州に上陸するおそれがあります。各地で記録的な暴風や高波になるおそれがあり、九州や四国など線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が高まる可能性があります。九州から北海道にかけて広い範囲で、20日(火)頃まで、土砂災害や浸水害、暴風、高波に警戒が必要です。

大型で非常に強い台風14号 九州に上陸するおそれ

大型で非常に強い台風14号は、18日(日)9時現在、屋久島の南東を1時間におよそ20キロの速さで北北西へ進んでいます。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心の東側185キロ以内と西側165キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。また、中心の東側750キロ以内と西側650キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は、非常に強い勢力を維持したまま北上して、きょう18日(日)昼過ぎに九州南部に最も接近し、あす19日(月)にかけて九州に上陸するおそれがあります。その後、次第に進路を東よりに変えて、20日(火)にかけて本州付近を北東へ進むでしょう。このため、北海道にかけての広い範囲で、台風による暴風や大雨の影響を受けるおそれがあります。

一部の住家が倒壊するほどの猛烈な風

画像B

台風の接近に伴い、すでに鹿児島県の薩摩地方や大隅地方が風速25m/s以上の暴風域に入っており、種子島では午前7時42分に最大瞬間風速42.1m/sを観測するなど、猛烈な風の吹いている所があります。

西日本では、あす19日(月)にかけて暴風となり、九州を中心に、一部の住家が倒壊する恐れもあるほど猛烈な風が吹く見込みです。中国地方や四国から関東甲信、北陸でも、20日(火)にかけて、看板が落下・飛散するほどの非常に強い風が吹くでしょう。

18日(日)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
九州南部、奄美、九州北部地方:50メートル(70メートル)
四国地方:25メートル(35メートル)
中国地方:23メートル(35メートル)
近畿地方:20メートル(30メートル)

19日(月)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
九州北部地方:50メートル(70メートル)
九州南部、中国地方:40メートル(60メートル)
四国地方、近畿地方:30メートル(45メートル)
北陸地方:25メートル(35メートル)
奄美地方、東海地方:23メートル(35メートル)

20日(火)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
中国地方、近畿地方:30から40メートル(40から60メートル)
四国地方、東海地方、北陸地方、関東甲信地方、東北地方:25から29メートル(35から45メートル)
九州北部地方、北海道地方:20から24メートル(25から35メートル)
の見込みです。

風速30メートル以上の猛烈な風とは、特急電車と同じくらいの速さで、多くの樹木が倒れたり、走行中のトラックが横転するなど、屋外での行動が危険な強さの風です。
風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒してください。

高波や高潮にも厳重警戒

画像C

西日本ではうねりを伴って猛烈なしけとなり、東日本でも大しけとなる所があるでしょう。

18日(日)に予想される波の高さは、
九州南部:14メートル
奄美地方、九州北部地方、四国地方:12メートル
近畿地方:9メートル
沖縄地方:8メートル
東海地方:7メートル
関東甲信:5メートル

19日(月)に予想される波の高さは、
九州南部、九州北部地方、四国地方:12メートル
近畿地方:10メートル
奄美地方、中国地方:8メートル
東海地方:7メートル
北陸地方、関東甲信地方:5メートル

20日(火)に予想される波の高さは、
九州北部地方、四国地方、中国地方、近畿地方、東海地方、北陸地方、関東甲信地方、東北地方:6から8メートル
北海道地方:4から5メートル
の見込みです。

台風の接近に伴い、西日本では19日(月)にかけて、潮位が高くなり、警報級の高潮となる見込みです。高潮や高潮と重なり合った波浪による浸水に、厳重に警戒してください。

線状降水帯が発生するおそれも 大雨災害の危険度が高まる

画像D

台風周辺や台風本体の発達した雨雲により、19日(月)にかけて、西日本や東日本の太平洋側を中心に猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、大雨となるでしょう。

19日(月)6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
九州南部:600ミリ
九州北部地方、四国地方:400ミリ
東海地方:300ミリ
近畿地方:250ミリ
奄美地方:200ミリ
関東甲信地方:180ミリ
中国地方:150ミリ

その後、20日(火)6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で、
四国地方、東海地方:300から500ミリ
九州北部地方、中国地方、近畿地方:200から300ミリ
北陸地方、関東甲信地方:100から200ミリ
九州南部、北海道地方:100から150ミリ
の見込みです。

なお、線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあります。九州など、記録的な大雨により、大雨特別警報を発表を可能性があります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、特別警報が発表される前に、早めに避難できるように、身の安全を確保なさってください。