台風14号は、きょう18日(日)の夜に九州へ上陸するおそれがあります。その後、進路を東よりに変えて、あさって20日(火)にかけて東海や関東甲信に近づくでしょう。連休明け20日(火)の交通機関への影響も考えられますので、最新の台風情報をこまめにチェックなさってください。

台風が近づく前から影響

画像A

大型で非常に強い台風14号は、今日18日(日)15時現在、屋久島付近を北上しています。台風はこのあとも勢力をあまり落とさず、九州へかなり接近し、上陸するおそれがあります。このままの勢力で接近、上陸となると過去最強クラスということになります。そのあと、次第に進路を東よりに変えて、本州付近を東よりに進み、明後日20日(火)の連休明けに東海や関東に最も近づく見通しです。

今日18日(日)は、台風が近づく前から東海や関東では局地的に活発な雨雲やカミナリ雲がかかりました。東京都心では雷鳴が鳴り響き、短い時間で激しい雨が降った所もありました。その影響で、目黒川では急激に増水し、午後1時に氾濫警戒情報(警戒レベル4相当)が発表されました。雨が弱まった後も増水するおそれがありますので、川には絶対に近づかないでください。

明日19日(月) 大気の状態が非常に不安定 風が次第に強まる

画像B

明日19日(月)の敬老の日も、東海や関東甲信は断続的に雨で、台風周辺の活発な雨雲が次々に流れ込むでしょう。特に、静岡県や長野県では夜を中心に局地的には傘が全く役に立たなくなるほどの「非常に激しい雨」が降りそうです。車の運転も危険です。また、川の増水や氾濫、低い土地の浸水などに警戒が必要です。

また、夕方からは南よりの風が強まって、風に向かっては歩けないほどの強い風が吹き、海上ではうねりを伴ったシケになるでしょう。強風や高波に注意や警戒をしてください。

明後日20日 連休明け 通勤、通学の交通機関に影響のおそれ

画像C

連休明けの明後日20日(火)は、台風14号が東海や関東甲信に最も近づく見込みです。
断続的に雨で、非常に強い風が吹き、大荒れの天気になりそうです。通勤、通学の時間帯に雨、風のピークが重なるおそれがあります。交通機関への影響も考えられますので、台風情報とともに交通情報もこまめにチェックなさってください。

最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。
①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。
②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。
③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。