メイン画像

台風14号は暴風域を伴って19日夜遅くから20日午前に北陸地方に最接近するでしょう。暴風や高波、高潮に注意・警戒して下さい。

全域が風速25メートル以上の暴風域に入る見込み 風向は南より⇒北より 農作物や農業設備への被害を最小限にとどめる為の対策を!

画像A

大型で非常に強い台風14号は、18日(日)16時現在、佐多岬付近にあって、1時間におよそ20キロの速さで北へ進んでいます。中心の気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートルで、中心の北東260キロ以内と南西185キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。また、中心の東側750キロ以内と西側650キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は、非常に強い勢力を維持したまま北上して、あす19日(月・祝)にかけて九州に上陸するおそれがあります。その後、次第に進路を東よりに変えて、同日の夜遅くから20日(火)午前にかけて北陸地方に最接近するでしょう。予報円は小さくなり、中心を進めば北陸地方の沿岸付近を東進、ほぼ全域が風速25メートル以上の暴風域に入る見込みです。風向は、南よりのち北よりの暴風に変わるでしょう。農作物や農業設備への被害を最小限にとどめる為の時間的猶予はもうほとんどありません。屋外にある物が意図せずして、暴風に飛ばされて人的被害をもたらす凶器になることも考えられます。最大限の想像力を働かせ残された時間で今出来る対策を確実に実行して下さい。

台風本体の活発な雨雲による短時間強雨に警戒! 用水路には近づかない 道路の冠水に注意!

画像B

予報円の中心を進めば台風の中心が北陸付近を通過する見込みです。台風本体の活発な雨雲がかかり、短時間で激しい雨や雷雨となるでしょう。河川や用水路が急激に増水する可能性があり、絶対近づかないようにして下さい。河川の上流部の降水が県境を越えて流れ込み、水位が急激に増水する可能性があることにも留意して下さい。アンダーパスなどの走行は極力避けましょう。山間部や山沿いでは地盤が緩み土砂災害の危険度が高まる所もありそうです。気象台や自治体から発表される情報には注意して下さい。

波向は南より⇒北よりに変わり急激に高まる! 高波や気圧の低下による高潮にも注意・警戒!

画像C

台風の東進に伴い、風向が北よりに変わると波向も北よりに変わるでしょう。このタイミングで波高が急激に高まる予想で、沖合はもとより北側に開けた沿岸の港湾部などは特に厳重な警戒が必要となりそうです。気圧の低下による海面の上昇や満潮時刻が重なると、沿岸部では浸水のおそれもあります。十分注意して下さい。

警報級の見込み 19日日中は、南東風フェーンにより 最高気温35度以上の猛暑日地点も

画像D

19日は福井の嶺南から次第に南寄りの風が強まり、午後を中心に雨が降りやすい見込みです。一方、石川・富山・新潟は現時点では19日の日中いっぱいは目立った降水はない予想で、台風の接近に伴い南東風によるフェーン現象により、最高気温が35度以上の猛暑日となる地点もありそうです。農作物の温度管理や熱中症など健康管理には十分お気を付下さい。