大型の台風14号は、3連休明けのあす(20日:火曜)にかけて本州を横断。暴風・大雨エリアは次第に東へ。20日朝の通勤時間帯は、東海・関東甲信・北陸など東日本中心に雨・風のピークに。各地の最接近時間と影響は?

台風の進路

画像A

大型の台風14号は、19日17時現在、松江市付近を1時間におよそ35キロの速さで東北東へ進んでいます。

中国・四国や近畿の一部が、風速25メートル以上の暴風域に入っています。台風は20日にかけて本州付近を北東へ進み、20日6時には山形市付近、20日午後には千島近海で温帯低気圧に変わる見込みです。

台風は大型のため、風速15メートル以上の強風域が直径1000キロ以上あり、広い範囲で暴風や大雨の影響を受けるため警戒が必要です。

【各地の最接近時間】
近畿:19日夜のはじめ〜夜遅くにかけて
東海:19日夜遅く〜20日明け方にかけて
北陸:19日夜遅く〜20日明け方にかけて
関東:20日未明〜朝
東北:20日明け方〜昼前に通過
北海道:20日の日中

3連休明け、20日朝の通勤・通学の時間帯は、東海・北陸・関東甲信、東北の日本海側で雨や風が強まり、局地的にゲリラ的な降り方をするおそれがあります。また、北海道は前線の影響で雨の強まる所がありそうです。最新の気象情報・交通情報・自治体から出される情報をこまめに確認して下さい。

暴風エリアは東へ

画像B

西日本から東日本では海上を中心に猛烈な風や非常に強い風が吹いて、大しけとなっている所があります。西日本から北日本では、20日にかけて暴風となるでしょう。

今夜(19日)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、中国地方と近畿地方では走行中のトラックが横転するおそれがある30メートル(45メートル)となっているほか、東海地方や北陸地方で最大瞬間風速35メートル、台風からは遠ざかる九州北部や四国地方でも、台風の吹き返しの風で、最大瞬間風速35メートルの暴風が続く見込みです。

また、20日は中国地方や北陸地方で、最大瞬間風速40メートル、関東甲信や北海道でも35メートルの暴風が吹くおそれがあります。

また、海上では、高波や高潮にも警戒が必要です。
【19日に予想される波の高さ】
中国地方、四国地方、近畿地方    8メートル
九州北部地方、東海地方       7メートル
関東甲信地方            6メートル
北陸地方              5メートル
【20日に予想される波の高さは】
中国地方              8メートル
九州北部地方、四国地方、近畿地方  7メートル
北陸地方、東海地方、関東甲信地方、東北地方、北海道地方 6メートル

台風の接近に伴い、西日本から東日本では20日にかけて、潮位が高くなり、警報級の高潮となる所がある見込みです。高潮や高潮と重なり合った波浪による浸水に厳重に警戒してください。

線状降水帯発生のおそれ

四国地方、近畿地方では線状降水帯による非常に激しい雨の降りやすい状況が続いており、西日本では土砂災害の危険度が非常に高まっている所があります。台風周辺や台風本体の発達した雨雲により、20日にかけて西日本から北日本では非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。

線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあります。四国地方、近畿地方では19日夜にかけて、東海地方では19日夜から20日午前中にかけて線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。また、大気の状態が非常に不安定なため、西日本〜北日本の広い範囲で、落雷や竜巻などの突風に注意が必要です。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。