きょう20日、関東甲信や東北は夕方まで台風の影響が続くでしょう。一方、台風一過の西日本は天気が回復する見込みです。北陸や東北などではきのう19日と比べて大幅に気温が下がり、10月並みの所も。外出の際の服装にご注意ください。

関東や東北は台風の影響続く 西日本は天気回復

画像A

きょう20日、台風14号は、今朝、新潟市付近に再上陸しました。東北を横断し、午後には日本の東で温帯低気圧に変わるでしょう。

台風一過の九州や中国、四国は、朝から晴れる所が多いでしょう。近畿も次第に天気が回復して、日中は晴れる見込みです。東海や北陸は昼頃まで雨で、局地的に激しい雨や雷雨となるでしょう。午後は晴れ間の出る所もありそうです。関東甲信や東北は夕方まで台風の影響が続くでしょう。局地的な激しい雨や、落雷、突風にご注意ください。北海道は午前中は雨や雷雨で、雨雲が発達する所もありますが、午後は次第に天気が回復するでしょう。沖縄は晴れ間が出ますが、にわか雨にご注意ください。

台風が通過中の東北や、台風に近い関東は夕方にかけて、風のピークも続くでしょう。台風が過ぎた西日本でも、台風からの吹き返しの北よりの風が強まる所があります。引き続き、強風や高波にご注意ください。

北陸など気温大幅ダウン

きょう20日の最高気温は、きのう19日と比べて低くなる所が多いでしょう。特に北陸などでは、北よりの風が吹いて、きのう19日よりも大幅に気温が低くなるでしょう。20℃を少し超えるくらいで、10月並みの所もありそうです。関東などもきのう19日より低くなりますが、暖かな南風が吹いて、30℃くらいまで上がる所が多いでしょう。寒暖差が大きくなる所は、外出の際の服装にご注意ください。