きょう21日の関東は所々で雨。あす22日からは広い範囲で雨が降り、雨脚が強まることも。南の海上には熱帯低気圧があり、今後の動向に注意。

所々でにわか雨

きょう21日の関東地方は、湿った空気が流れ込むため、日の差す時間があっても雲が広がりやすいでしょう。所々で雨が降り、昼頃までは平野部でも、雨のぱらつく時間がありそうです。外出の際は、折りたたみの傘をお持ちください。

また午前を中心に、沿岸部では北よりの風がやや強く吹きそうです。体感温度が下がるでしょう。

日中の気温 きのうより高い

画像B

きょう21日の最高気温は23℃〜25℃くらいで、10月上旬並みの所もありそうです。長袖のシャツ1枚で過ごせるくらいの気温ですが、晴れ間が出ると暑く感じられるかもしれません。重ね着など、服装で調節すると良いでしょう。

きのう20日は、未明に最高気温が観測された所が多く、午後2時の気温は東京都心で19.6℃と、ヒンヤリと感じられました。日中の気温は、きのう20日より高くなるでしょう。

あす22日から雨 熱帯低気圧の動向に注意

画像C

あす22日は広い範囲で雨が降りそうです。最高気温は20℃前後と、朝から気温はほとんど上がらないでしょう。

23日秋分の日から24日にかけても雨が続き、沿岸部を中心に雨脚が強まることがありそうです。一方、気温は平年並みか高く、24日の最高気温は30℃前後と、急に蒸し暑くなるでしょう。熱中症にご注意ください。

南の海上には熱帯低気圧があり、今後は本州の南へ北上する予想です。23日秋分の日から24日にかけては、東海を中心に大雨となるおそれがあります。こまめに情報を確認しましょう。