秋の空気に覆われた中国地方ですが、きょう22日は湿った空気が入り天気の変わり目となるでしょう。新たに台風15号になると予想される熱帯低気圧が南から湿った空気をもたらし、3連休はじめの金曜は曇りや雨の天気となりそうです。ただ、土曜は天気が回復に向かい、日曜にかけてまずまずの行楽日和となる見込みです。

きょう22日(木)は天気の変わり目 カラッとから蒸しっとへ

画像A

朝晩は過ごしやすく、半袖だと寒いくらいでしたが、きょう22日は南から湿った空気が流れ込む影響で、蒸し蒸し感が戻ってくる見込みです。午後は雲が広がりやすくなり、雨の降る所があるでしょう。洗濯物は早めに取り込んでおくと安心です。

23日(金)秋分の日

画像B

23日(金)は南の海上を北上する熱帯低気圧(台風15号)周辺の湿った空気が流れ込み、夜は日本海を進む寒冷前線の影響を受ける見込みです。
全般に雲が広がりやすく、所々で雨が降るでしょう。雷を伴い雨脚の強まる所がある見込みです。日中は夏の暑さで、蒸し暑くなるでしょう。

24日(土)から25日(日)

画像C

24日(土)の昼前にかけて寒冷前線が中国地方を通過する見込みです。
西部は朝まで、東部は昼前まで雨の降る所がありますが、午後は天気が回復へと向かい晴れるでしょう。
25日(日)にかけて日本海へ進んでくる高気圧に覆われて、中国地方は晴れるでしょう。まずまずの行楽日和となりそうです。
25日(日)は比較的湿度は低めで、昼間はカラッとした暑さとなりそうです。朝は内陸部を中心にヒンヤリしますので、朝晩と昼間の気温差で体調を崩さないよう、お気をつけください。