22日午後5時現在、日本の南海上に熱帯低気圧があり、24時間以内に台風になる予想です。中心北側で雲がまとまっているのが特徴で、東北は太平洋側を中心に接近前から雨が強まるでしょう。

23日(金)秋分の日 東北太平洋側中心にまとまった雨

画像A

22日17時現在、トップ画像の通り、日本の南に熱帯低気圧があり、24時間以内に台風になる予想です。
台風としてはそれほど発達しない予想で、構えたいのは「風より雨」。中心の北側に雲がまとまっているので、接近前から雨が強まるのが特徴です。

上の画像は23日(金)朝7時の予想です。太平洋側を中心にまとまった雨が降り、局地的に傘を差しても濡れるような強い雨が降るでしょう。
朝の時点で海上に予想される雨雲が、昼頃に岩手沿岸に激しい雨を降らせる可能性があり、最新の雨雲レーダーを確認してください。

3連休 日差しが期待できるのは最終日

画像B

24日(土)は、大陸から寒気を伴った低気圧も近づいて、東北の広い範囲で雨が降るでしょう。
暖かく湿った空気が入る太平洋側を中心にまとまった雨が降り、福島県を中心に局地的に24時間降水量が50〜100ミリ程度に達する見込みです。
土砂災害や低い土地の浸水などに十分注意してください。落雷や突風の恐れもありますので、天気の急変に注意してください。
雨でも気温は高く、最高気温は仙台・福島で28度と蒸し暑くなりそうです。

25日(日)は北から秋の高気圧に覆われて、東北北部ほどカラッと晴れるでしょう。屋外のレジャーや芋煮会などもできそうです。
一方、福島県内は浜通り中心に朝まで雨が残るでしょう。日中も宮城・福島は雲が多めですが、天気は回復しそうです。
湿度は低めで昼間もさわやかな陽気ですが、朝晩はひんやりするので、服装選びに気を付けてください。