きょう24日、台風15号が東海や関東にかなり接近。昨夜から記録的な大雨となっている静岡県をはじめ、関東にも発達した雨雲。また前線が通過するため、北陸や東北、北海道でも大雨に。土砂災害に厳重な警戒を。

台風15号 東海や関東にかなり接近

画像A

台風15号は、きょう24日午前3時現在、浜松市の南約140キロを1時間におよそ20キロの速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は1002hPa、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルとなっています。このあと、東海や関東にかなり接近しながら北東に進み、今夜までには関東の東で温帯低気圧に変わるでしょう。また日本海から北日本にのびる前線が通過する見込みです。

きょう24日は、静岡県や関東を中心に台風本体の発達した雨雲がかかるでしょう。局地的には滝のような非常に激しい雨が降り、1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれもあります。近畿や東海では雨脚が弱まり、やんでいる所もありますが、増水した川や崖など、危険な場所には近づかないでください。

また前線の影響で、台風から離れた北陸や東北、北海道でも断続的に雨脚が強まり、激しい雨の降る所がありそうです。北陸はきょう24日朝にかけて、東北や北海道は夕方にかけて、大雨に警戒してください。

24時間降水量 東海はさらに200ミリ

画像B

【予想降水量(多い所)】あす25日午前6時までの24時間
東海地方 200ミリ
関東甲信地方 150ミリ
北海道地方、東北地方 100ミリ

記録的な大雨となっている静岡県では、さらに200ミリの大雨が予想されています。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。

台風の大雨 土砂災害の前触れは

画像C

台風が接近すると、大雨の恐れがありますが、大雨によって土砂災害が発生する時には、前触れとなる現象があります。いざという時のために、ぜひ覚えておいてください。

1つめは、がけや地面にひび割れができることです。
2つめは、木が裂ける音や石がぶつかり合う音が聞こえたり、土のにおいがしたりすることです。
3つめは、井戸や川の水、湧き水が濁ることです。湧き水が止まる場合も、前触れの一つです。
4つめは、がけや斜面から水が湧き出たりすることです。

そのほか、小石がバラバラと落ちてくる、地鳴りや山鳴りがする、雨が降り続いているのに川の水位が下がる、樹木が傾く、などがあります。このような時は、土砂災害の危険が高まっています。すぐに周りの人に声をかけて、安全な所へ避難してください。