この先は天気、気温ともに、変化が少し大きくなりそうです。また、日本の南では熱帯低気圧が発生・北上してくる見込みで、進路によっては関東の天気に影響が出る可能性があります。

天気は短い周期で変化

画像A

連休明けのあす26日も晴れますが、晴れの天気は長続きしません。あさって27日以降は湿った空気や西から近づく気圧の谷の影響で再び、曇りや雨となる見込みで、傘の出番となる日が多くなります。

洗濯は、きょうとあすを逃すと、しばらく外干しにはあいにくの天気が続きます。布団の外干しや片付けられる洗濯物は、あすまでに済ませてしまったほうがよさそうです。

一方、次の週末は晴れ間の出る所が多い予想です。最近の週末は荒れた天気となる日が多くなりましたが、ようやく土日二日間を使ったお出かけができそうです。

熱帯低気圧が北上へ

画像B

日本の南では新たに熱帯低気圧が発生する見込みです。熱帯低気圧が発生した場合、あすにも小笠原付近まで北上する予想です。

その後の進路については、まだ予想の幅が大きいですが、日本の南を北上して伊豆諸島付近に近づく可能性があります。

仮に関東に直接的な影響がなくても、湿った空気の流入など間接的な影響を受ける可能性もあります。進路によっては、雨の降る範囲が広がったり、降る量が増えることも考えられます。今後の情報に注意が必要です。

気温変化大きい

画像C

この先は、気温の変化が少し大きくなりそうです。最高気温は、あさってにかけて平年より高く、特にあすは真夏日に迫る気温の予想です。

一方、28日は北東から冷たく湿った空気が流れ込んで、気温が下がります。これを境に、その後はこの時期らしい気温に落ち着きそうです。

また、朝晩は20度を下回る日も多く肌寒くなります。お出かけの際は、調節のしやすい服装が良さそうです。