あす27日(火)は、西から次第に雨が降りだすでしょう。週の半ばも関東や東海など雨の降る日がありますが、今週末10月1日(土)と2日(日)は広い範囲で秋晴れとなり、秋の行楽を楽しめそうです。

あす27日と週の半ばに雨の所も 週末は待望の秋晴れ

画像A

あす27日(火)は、九州や中国、四国は午前を中心に雨や雷雨となりそうです。近畿、東海、北陸も午後は雨の範囲が広がり、夜は関東も所々で雨が降るでしょう。

あさって28日(水)から29日(木)にかけては、本州の南岸に前線が停滞し、太平洋側で雨の降る所がありそうです。
ただ、30日(金)には前線は南下して、天気は回復に向かうでしょう。

ここのところ、週末のたびに台風が襲来し、外出の難しい日が続きましたが、今週末は日本付近は広く移動性の高気圧に覆われる見込みです。

10月スタートとなる1日(土)、2日(日)は九州から北海道にかけて、広い範囲で待望の秋晴れとなるでしょう。沖縄は1日(土)は雨の降る予想ですが、2日(日)には晴れる見込みです。乾いた空気に包まれて、秋の行楽を満喫できそうです。

気温は高い予想で、最高気温は25℃以上の所がほとんどでしょう。北海道の札幌市でも1日(土)は25℃を超えて、季節外れの暑さになりそうです。
日中は汗ばむ陽気でも、最低気温は20℃を下回る所がほとんどで、空気がヒンヤリと感じられるでしょう。半袖だけでなく、一枚長袖の羽織るものをもっていると、気温の調節がしやすく安心です。

気温と服装の目安

画像B

この先もまだ残暑が厳しく、日中は半袖など、夏服の活躍する日が多くなりそうです。ただ、天気によって、急に肌寒く感じられる日も出てきます。
一日の気温変化の大きい季節になってきましたので、いざという時に慌てないように、そろそろ秋支度もすすめておきましょう。

季節の変わり目の時期、気温の変化が大きく、服装に悩む方もいらっしゃると思います。
上の図は気温と服装の目安です。気温が25℃くらいまで上がる日は半袖でちょうど良いくらいですが、20℃くらいになると、長袖シャツがぴったりでしょう。残暑が続き、まだ日中は半袖で十分過ごせる日が続きますが、朝晩15℃くらいになると、羽織るものが必要になってきます。

日々の最高気温や最低気温もチェックして、服装選びにお役立てください。風の強さや人により暑さや寒さの感じ方が違うため、上の図はあくまで目安ですが、参考になさってください。