きょう20日、山形地方気象台は、月山の「初冠雪」を観測しました。東北南部で初冠雪が観測されるのは今シーズン初めてです。また、釧路地方気象台は「初氷」と「初霜」を観測しました。

山形・月山が「初冠雪」

けさ(20日)は寒気や、晴れたことによる放射冷却の影響で、今シーズン一番の冷え込みとなった所が多くなりました。山形地方気象台は、月山の「初冠雪」を観測しました。
平年と同じで昨年より1日遅い観測となりました。東北南部で初冠雪が観測されるのは、今シーズン初めてで、北日本では、これからさらに季節が進んでいきそうです。

釧路で「初氷」「初霜」を観測

画像B

また、北海道釧路市では最低気温1.1度を観測し、今季最も低い気温となり、釧路地方気象台はきょう、「初氷」と「初霜」を観測しました。
初氷は平年より2日早く、昨年より1日遅い観測で、初霜は平年と同じ、昨年より1日遅い観測でした。

北海道は、このあとも晴れる見込みで、きょうの釧路の最高気温は16度の予想です。一日のうちでの気温差が大きくなりますので、服装で上手に調節してお過ごしください。

画像C