メイン画像

きょう25日(火)夜にかけて、フィリピンの東に熱帯低気圧が発生する予想。発達しながら北上し、来週は日本付近に影響をもたらすおそれも。今後の動向に注意が必要です。

今夜(25日夜)にかけて フィリピンの東で熱帯低気圧発生か

きょう25日(火)、フィリピンの東にはやや発達した、白くまとまっている雲が見られます。
これは低圧部に伴う雲で、今夜(25日夜)には熱帯低気圧に発達する見込みです。熱帯低気圧は「台風のたまご」とも呼ばれています。

海面水温はまだ高い

画像B

地上の気温はだいぶ上がりにくくなり、きょう25日(火)の最高気温は、関東などで12月並みという所もあります。

寒さで油断してしまいがちですが、海面水温はまだ高く、熱帯低気圧や台風のシーズンは続いています。
日本の南海上の海面水温を見ると、27℃以上の海域が広がっていて、熱帯擾乱が発生してもおかしくない状況です。

今後、フィリピンの東の海上で発生予想の熱帯低気圧が台風にまで発達するかどうかははっきりしていませんが、動向に注意が必要です。

熱帯低気圧 来週にかけて北上か

画像C

こちらの「熱帯低気圧進路予測」は、世界の気象機関の計算をもとにした進路予想です。
複数の進路があるのは、計算式に少しずつ異なる初期値を投入して複数の計算を行っているからです。この手法を使うことで、取り得る誤差の範囲や傾向を見ることができます。

今後、フィリピンの東の海上で発生する予想の熱帯低気圧は次第に北上し、沖縄に近づいた後、九州や四国のすぐ南を通過し、東日本に近づく経路を予想するものが多くなっています。
早ければ来週初めには、沖縄から影響が出始めるおそれがあります。

来週前半は荒れるおそれも

画像D

「熱帯低気圧進路予測」の予測される経路をたどれば、来週31日(月)頃には沖縄から影響が出てきそうです。
その後11月1日(火)以降、来週前半は西日本から北日本にかけて、西から次第に雨や風が強まることが予想されます。熱帯低気圧が発達しながら北上し、大荒れの天気をもたらすおそれがあります。

なお、予報には幅があり、進路も大きく変わる場合があります。日々、最新の情報を確認しながら、安全に過ごせるように、早めの備えを心がけてください。

最新の情報 どこを見たら 何がわかる?

画像E

最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。
②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。
③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。