東海地方では、31日のハロウィンまで、秋晴れの所が多いでしょう。最低気温、最高気温ともに、平年並みか高い日が多く、快適に過ごせそうです。11月のスタートは、広く雨が降るでしょう。

スッキリとした秋晴れ

画像A

きょう28日は、スッキリとした秋晴れの所が多くなりましたが、愛知県東部や静岡県西部では、朝から低い雲が広がり、スッキリしない天気でした。今雲が広がっている地域も、今夜は、次第に晴れてくるでしょう。

また、日差しに恵まれたきょうは、きのうよりも気温が上がりました。15時までの最高気温は、三重県の紀北町(紀伊長島)で24.2℃を観測し、夏日一歩手前となるなど、少し暑いくらいの陽気の所もありました。名古屋市(千種区)では21.9℃を観測し、平年より1℃ほど高い程度で、この時期らしい陽気でした。

10月最後の土日 天気は?

画像B

10月最後の土日は、大きな天気の崩れはなく、行楽日和となるでしょう。
29日(土)
本州付近は、高気圧に覆われるため、きょうのようなスッキリとした秋晴れが期待できそうです。ただ、岐阜県の飛騨北部では、日本海側からの雲が流れ込む時間があるでしょう。
30日(日)
土曜日よりも、雲の広がる所がありそうです。岐阜県など内陸部ほど、よく晴れるでしょう。その他の地域では、晴れ間は出ますが、東海地方付近で風と風が収束するため、雲が多くなる見込みです。
最高気温は、名古屋市など平地では20℃前後と、過ごしやすい陽気となるでしょう。朝晩との気温差が10℃くらいと大きくなっているため、調節しやすい服装でお過ごし下さい。

週間天気 11月のスタートは広く雨

画像C

この先、31日のハロウィンにかけて、本州付近は高気圧に覆われるため、晴天が続くでしょう。
11月のスタートは、広い範囲で雨となりそうです。2日(水)にかけて、本州付近を前線や低気圧が通過していくため、1日は、西の地域から次第に雨が降りだし、2日の朝にかけて続きそうです。2日の日中は天気が回復しますが、3日(文化の日)は、早くも天気は下り坂となる見込みです。3日は、今のところ、雨は夜になってからですが、お出掛けの際は、最新の天気予報をチェックするようにして下さい。