関東は、この先もしばらくは快適な秋晴れの日が多い見込みです。来週末は寒気が南下して、最高気温が15℃前後にとどまり、一気に初冬の寒さに。

きょう29日(土) 東京都心など6日ぶりに20℃超

画像A

きょう29日(土)は、大陸から勢力を広げる高気圧に覆われて、関東地方はカラッとした秋晴れとなりました。
最高気温は、東京都心で22.0℃、横浜21.8℃、千葉21.7℃、さいたま21.2℃、前橋20.4℃、宇都宮20.6℃、水戸21.0℃まで上がり、10月中旬から下旬並みの過ごしやすい陽気になりました。
東京都心、横浜、千葉、前橋、宇都宮では23日(日)以来、6日ぶりに20℃を超えて、肌寒さが解消されました。

週間天気図 高気圧に覆われる日が多い

画像B

この先の天気を見ると、大陸から張り出す高気圧に覆われる日が多い見込みです。

ただ、11月1日(火)には、関東の南を前線を伴った低気圧が通過するでしょう。
このタイミングで、雨の降る所がありそうです。

3日(木)「文化の日」は、北日本を前線が通過し、その後は、北から寒気が南下する見込みです。

11月スタートの1日(火)は雨の所も

画像C

11月1日(火)は、前線を伴った低気圧が関東の南を通過する見込みです。
伊豆諸島や小笠原諸島は広く雨で、関東南部、北部ともに雨の降る所があるでしょう。夕方以降、雨の範囲が広がってくる見込みです。

雨の降る時間帯や強さなどは、この先の最新情報をご確認ください。

5日(土)は気温急降下 冬物が欲しくなる寒さ

画像D

この先、あす30日(日)から11月4日(金)にかけて、日中の最高気温が20℃くらいまで上がり、過ごしやすい日が多いでしょう。
特に、2日(水)から3日(木)「文化の日」は最高気温が22℃前後。きょう29日(土)と同じくらいまで気温が上がって、何をするにも快適に過ごせそうです。
ただ、朝晩は10℃くらいまで気温の下がる日が続きます。
ここの所の冷え込みで、関東北部で紅葉が見頃を迎えている所が増えてきました。紅葉狩りにもぴったりな日が続きますが、標高の高い場所では朝晩は一段と冷え込みが厳しくなりますので、しっかりと防寒対策をしてお出かけください。
なお、tenki.jpの紅葉見頃情報2022では、全国の紅葉見頃スポットを探すことができ、各スポットの天気予報もご紹介しています。ぜひ、紅葉狩りの参考になさってください。

5日(土)の最高気温は15℃前後までしか上がらず、日中も厚手のジャケットや上着が必要な寒さとなりそうです。冬物のセーターやニットなど、寒さに備えておきましょう。

気温と服装の目安

画像E

こちらのイラストは、気温に応じて、どんな服装をすれば良いか目安を示したものです。

気温が25℃を下回ると半袖よりも長袖の方が過ごしやすいでしょう。
20℃を下回ると、長袖1枚では肌寒く、カーディガンなど軽めの羽織るものがあると良さそうです。15℃以下になると、セーターやニットなど暖かい素材の服が欲しくなるでしょう。10℃を少し超えるくらいでアウターも暖かく、ジャケットや上着があると良さそうです。

10℃以下で冬のコート、5℃以下でダウンコートなど保温効果の高いものが必要な寒さになってきます。
日中は気温が上がる日ほど、朝晩は冷えるようになってきました。脱いだり着たり調節しやすい服装で体を冷やさないようにご注意ください。