11月のスタートの1日は、雨の降る所が多くなるでしょう。その後は天気は2,3日の短い周期で天気は変化しそうです。次の土日には寒気が流れ込み、北日本を中心に寒くなるでしょう。

1週目10月31日〜11月6日:11月のスタートは広く雨

画像A

あす31日(月)は、高気圧に覆われるため、北海道から九州でおおむね晴れるでしょう。湿った空気が流れ込む四国や九州南部は徐々に雲が多くなりそうです。前線が停滞する沖縄は雨が降り、雷雨や非常に激しい雨が降ることもあるでしょう。大雨に注意が必要です。最高気温は20℃近くまで上がる所が多く、九州は20℃を超える予想です。ただ、日が沈むと冷えてくるでしょう。ハロウィンで仮装される方は、寒さに注意してください。

11月1日(火)は、沖縄から九州の南に延びる前線上に低気圧が発生して、本州の南を進むでしょう。また、別の寒冷前線が北日本に近づく見込みです。沖縄から北海道の広い範囲で雨が降るでしょう。湿った空気が流れ込む東海付近では雨脚の強まる時間もありそうです。北海道も夜になると雷雨になる所があるでしょう。

2日(水)は、低気圧や前線は日本付近から離れるため、全国的に晴れるでしょう。最高気温もこの時期らしい気温の所が多くなりそうです。

3日(木)文化の日は、東北から九州は晴れて、お出かけ日和となるでしょう。気圧の谷の影響を受ける北海道と沖縄は雨が降りそうです。この気圧の谷の通過後に寒気が流れ込むため、北日本では寒くなりそうです。北海道では山沿いを中心に雪が降ることがあるでしょう。

4日(金)は、本州の南や九州南部付近は、気圧の谷となりそうです。東北から近畿では雨の降る所が多くなるでしょう。

5日(土)と6日(日)は、西から移動性の高気圧に覆われるため、晴れる所が多くなりそうです。ただ、寒気の影響が残る、北日本の日本海側と北陸は、変わりやすい天気で、局地的に雨が降るでしょう。標高の高い所を中心に雪が降ることもありそうです。

最高気温は、北日本へ平年より3℃以上低く、北海道は10℃に届かず、東北も15℃を下回るでしょう。東日本と西日本は大体平年並みで、18℃前後の所が多いでしょう。紅葉狩りなど、お出かけを予定されている方もいると思います。標高の高い所ですと麓より気温が低くなります。上着を一枚多く用意するなどするとよさそうです。

2週目7日〜12日:皆既月食の見れるチャンスは?

画像B

7日(月)は、二十四節気の「立冬」です。暦の上では冬の気配を感じられるころとされています。天気は沖縄は雨が降りますが、九州から北海道は広く晴れる見込みです。最高気温は沖縄は25℃くらいと夏日で、九州から東海も20℃近くまで上がり、昼間はまだ暖かく感じられそうです。関東と東北は15℃前後で空気はヒンヤリと感じられそうです。北海道は10℃を下回り上着が手放せないでしょう。

8日(火)は、高気圧が北から日本付近を覆い、本州の南は前線が延びそうです。この日は皆既月食が見られます。全国で18時9分ごろから月が欠け始め、19時16分から20時42分まで月が完全に隠れる皆既食となります。気になる天気ですが、今の所、関東と東海、沖縄は曇りや雨であいにくの天気となりそうです。北日本や西日本はチャンスがあるでしょう。外で皆既月食を見る場合は、暖かい服装で観測するようにしてください。

9日(水)と10日(木)は、前線が北上して東北から九州の広い範囲で雨が降りそうです。関東や東北では、まとまった雨になる可能性もあります。

11日(金)と12日(土)は、移動性の高気圧が日本付近を再び覆う見込みです。関東や東北の天気も次第に回復してくるでしょう。最高気温は東日本と西日本で20℃以上の所が多く、昼間は過ごしやすくなりそうです。