メイン画像

あす2日(水)は天気は回復して、日中は全国的に晴れるでしょう。3日(木)文化の日は、西日本、東日本は晴れて行楽日和になりますが、北日本は冷たい雨に。この雨のあと寒気が流れ込んで、北海道は平地でも初雪が降るかもしれません。

あす2日(水)から秋晴れ 週末は寒気流入でヒンヤリ

画像A

11月のスタートは曇りや雨の所が多く、ひんやりしました。
あす2日(水)は、明け方までは北海道や東北を中心に雨や雷雨となるでしょう。日中は北日本も含めて天気は回復し、全国的に秋晴れとなりそうです。

あさって3日(木)文化の日は、西日本、東日本は晴れますが、前線が通過する北日本は雨で、この雨の後は北日本を中心とした西高東低の気圧配置となり、寒気が流れ込んでくるでしょう。
週末は寒気の影響で、晴れる所も空気が冷たくなりそうです。

4日(金)〜6日(日) 寒気南下 寒さや雪に注意

画像B

今週末は、寒気が流れ込んで、また季節が前進するでしょう。

平地に雪を降らせる目安となる上空1500メートル付近のマイナス6℃以下の寒気が、4日(金)には北海道に流れ込む見込みです。
その後、さらに強い寒気が南下する予想が出ていて、6日(日)朝には、マイナス6℃以下の寒気が、東北北部まで南下するでしょう。

北海道の平地では、この週末に初雪になる所が出てくる可能性があります。峠では雪が降り積もりそうですので、車は冬用のタイヤを準備して、運転は事故のないように気を付けてください。

7日(月)は「立冬」 冷え込みピークに

画像C

週末は寒気が南下する影響で、北日本は最低気温は5℃以下まで下がるでしょう。仙台も5日(土)以降は厳しい冷え込みになりそうです。
東日本や西日本も、朝晩は一段と冷える見込みで、東京や名古屋でも一桁の冷え込みになるでしょう。東日本や西日本の内陸部では、霜が降りるような冷え込みになる所もありそうです。

7日(月)は、二十四節気の「立冬」で、暦の上では冬となります。ちょうど朝の冷え込みがピークとなり、全国的に初冬の冷え込みとなりそうです。暖房器具の点検や、厚手のコートやマフラーを用意しておくなど、冬支度をなさってください。