きょう3日の関東地方は、朝から晴れて、行楽日和。日中は上着なしで過ごせるくらいの暖かさに。ただ、週末はグッと冷えて、寒暖差が大きくなりそう。

広く秋晴れ 午前中は濃い霧に注意

画像A

きょう3日・文化の日の関東甲信は、高気圧に覆われて、秋晴れが続くでしょう。日中は日差しがたっぷりで、行楽日和となりそうです。

ただ、午前中は、濃い霧が発生して見通しが悪くなる所があるでしょう。午前8時15分現在、千葉県、埼玉県の北部と秩父地方、茨城県、栃木県に濃霧注意報が発表されています。車を運転される方は、特にご注意ください。

気温UP 小春日和に

画像B

予想最高気温は23℃前後の所が多く、きのう2日と同じくらいでしょう。長野は20℃に届きませんが、きのうより4℃ほど高くなりそうです。

東京都心の気温は、正午には20℃を超える予想で、上着なしで過ごせる陽気でしょう。午後3時には24℃くらいまで上がりそうです。その後、日が傾くとヒンヤリしてくるでしょう。南よりの風が吹いて、夜の気温の下がり方は緩やかですが、ジャケットや重ね着などでうまく調節をしてください。

週末は冷える 寒暖差大きい

画像C

関東は、あす4日以降も穏やかな秋晴れの日が多いでしょう。7日(月)は気圧の谷や湿った空気の影響で、沿岸部を中心に雨の降る時間がありそうです。

最高気温は20℃くらいの日が多いものの、あさって5日(土)は東京や横浜で16℃、千葉は15℃と急に冷えるでしょう。6日(日)の朝は、内陸部では霜が降りるほどの冷え込みになる所もありそうです。寒暖差が大きくなるため、体調管理にご注意ください。