あす4日は北海道は日本海側を中心に平地でも雪が降り、積雪する可能性があります。ただ、寒気の流れ込みは一時的で、11月中頃まで、本格的な冬の寒さはないでしょう。

あす4日 北海道では雪 平地で積雪の可能性も

画像A

あす4日は、日本付近は西高東低の気圧配置になり、北海道付近に寒気が流れ込みます。上空1500メートル付近でマイナス6℃以下の平地で雪の目安の寒気です。

北海道では、日本海側を中心に、雪や雨が降る所があるでしょう。平地でも積雪する可能性があります。積雪や路面の凍結による交通への影響に注意してください。
東北から九州は晴れる所が多いですが、北陸では、大気の状態が非常に不安定になり、明け方まで雷雨の所があるでしょう。
雷雲の周辺では、竜巻などの激しい突風が発生したり、雹(ひょう)が降ったりすることがあります。発達した積乱雲が近づく兆しがあるときは、建物や車の中など、安全な場所に移動して下さい。

最高気温は北海道では、10℃に届かない見込みです。東北は15℃くらい、関東から九州は20℃くらいの所が多く、平年並みでしょう。

5日〜10日 晴天の日多く 昼間は薄着で過ごせる地域も

北海道付近への寒気の流れ込みは、4日がピークで、6日にかけて流れ込みやすいでしょう。
5日から6日にかけて、北海道から中国地方の日本海側を中心に、雨が降ることがあり、北海道では平地で雪になることもある見込みです。
最高気温は、関東など20℃に届かず、急に寒くなる所があるでしょう。

7日から10日にかけては、本州付近は高気圧に覆われて、晴れる所が多いでしょう。
7日は二十四節気の「立冬」です。暦の上では、冬になりますが、暦とは裏腹に、寒さは解消する見込みです。

九州から関東では、最高気温は20℃くらいの日が多く、昼間は上着なしでも過ごせそうです。朝と日中の気温差が大きい日もありますので、服装でうまく調節するとよいでしょう。

11日〜16日 降水量が多くなる可能性も 本格的な冬の寒さは?

画像C

11日から16日、この期間は、本州付近への強い寒気の流れ込みはないでしょう。
この期間の前半を中心に、最高気温は九州から関東で20℃以上など、平年より高い所が多い見込みです。

気圧の谷の影響を受けやすく、晴天が続くことはないでしょう。雨が降ることがあり、この期間の降水量は、広い範囲で、この時期としては多くなる可能性もあります。

期間の後半は、寒気が流れ込み、寒くなる可能性もあります。ただ、予報には大きな幅があり、寒気の流れ込みは、北海道付近に限られることもあるでしょう。東北から九州では、今の予報ほど気温が下がらないこともあり得ます。最新の気象情報をご確認ください。