中国地方は中国山地で紅葉の見頃を迎えています。標高の高い山地では、平地に比べると気温が低くなります。紅葉狩りに行かれる際は、現地の天気と気温をしっかり確認して、脱ぎ着できる服装などを準備して、お出かけください。

今週末5日(土)

画像A

5日(土)の中国地方は北から寒気が流れ込む影響で、山陰や山陽北部で雲が広がりやすく、山陰で雨の降る所がある見込みです。山陽南部は大体晴れますが、大きく雲の広がる時があり、東部で雨の降る所があるでしょう。

朝の強い冷え込みはないものの、日中は冷たい空気に覆われて、山陰や山陽北部を中心に風が冷たく感じられるでしょう。
特に山陰では、最高気温が15度くらいで11月下旬並みとなる見込みです。暖かくしてお過ごしください。

5日(土)広島県南部(広島市)の天気と気温

画像B

南部(広島市)の気温変化を見ると、ここ数日最高気温が25度近くとなり汗ばむ陽気だったことと比べると、最高気温は昼過ぎに20度近くとなる見込みで、日差しのもとでは過ごしやすいでしょう。

5日(土)広島県北部(安芸太田)の天気と気温

画像C

北部(安芸太田)の気温変化を見ると、昼過ぎに15度を少し超えるくらいで、昼間も上着がないと寒いくらいとなりそうです。

また、標高が100m上がると、気温が約0.6度下がると言われます。紅葉狩りへ行かれる際は、現地の気温に合わせた服装でお出かけください。

6日(日)まずまずの行楽日和も 朝は冷え込む

画像D

6日(日)の中国地方は、大陸から進んでくる高気圧に覆われる見込みです。
鳥取県で多少雲は広がりますが、山陽を中心に晴れる所が多いでしょう。まずまずの行楽日和となりそうです。

日中の最高気温は、17度から19度くらいで、日差しのもとでは過ごしやすい見込みです。ただ、放射冷却現象がよく効く朝は内陸部を中心に冷え込むでしょう。
内陸部を中心に朝晩と昼間の寒暖差が大きくなるため、お出かけの際は服装にご注意ください。