6日(日)は富山マラソンが開催されます。写真は富山マラソンのゴール直前にある富山北大橋で、天気に恵まれれば立山連峰の大パノラマが広がります。当日は立山連峰は見えるのでしょうか?

富山マラソン 雲が多めながら晴れ間が広がる 立山連峰も雲の隙間から見えそう

画像A

6日(日)は、富山マラソンが開催されます。当日の天気は、上空の気圧の谷の影響で雲が多いですが、西から高気圧に覆われるため、スッキリとした秋晴れとはいかないものの、雲の隙間から青空も覗く天気となりそうです。

富山マラソンは、天気に恵まれれば、新湊大橋をはじめ、コース上の至る所から立山連峰を望むことができますが、今年は稜線全体がすっきりと見渡せる見え方ではなさそうです。しかし、雲の隙間から山の一部が顔をのぞかせる時間帯が多く、絶景の一部は堪能できそうです。

スタート地点の高岡では、朝の放射冷却がやや強まり、最低気温は6度前後となりそうです。スタート時までに体を冷やさないよう、防寒対策は行った方が良さそうです。また、ランナーの方はしっかりとウォーミングアップをして怪我の無いようにしましょう。

10時を過ぎたあたりから気温が15度を超え、最高気温は18度前後まで上がりそうです。朝と日中の気温差が大きく、ランナーの方は少し暑いくらいに感じるでしょう。こまめな水分補給などを意識した方が良さそうです。また、レース後は汗で身体を冷やさないように注意しましょう。

▼富山マラソン2022 公式サイト(外部リンク)
https://www.toyamamarathon.com/

画像B

北陸週末天気 新潟は雨が降りやすい 5日(土)は富山以西でも午前中を中心に急な雨に注意

画像C

5日(土)は、西高東低の気圧配置が西から緩みますが、北陸地方は寒気の影響を受けるでしょう。
新潟では午前中を中心に雨で、富山も東部を中心に午前中は雨が降りそうです。石川・福井でも午前中は雨の降る所があり、午後は次第に回復傾向ですが、福井嶺南や石川能登では天気の回復が遅れる可能性があります。
日中の最高気温は平年を下回る所が多く、新潟では11月中旬並みでしょう。標高1000m以上の峠道では雪となる可能性もあります。暖かくしてお過ごし下さい。

6日(日)は、西から高気圧に覆われますが、新潟では北日本を通過する気圧の谷の影響を受けるでしょう。
新潟では断続的に雨が降り、下越を中心に雷を伴う所があるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうなどシビアな現象に注意が必要です。富山以西では雲が多めながらも日差しが届く所が多いでしょう。ただし、石川能登では北部ほど雨が降りやすいでしょう。
朝の最低気温は各地とも10度を下回り、山間部では霜の降りる所もありそうです。日中の最高気温は、土曜日と同じかやや高い所が多く、朝と日中の気温差が大きくなりそうです。体調管理に注意して下さい。