きょう6日も広い範囲で晴れて、行楽日和が続きそう。北陸や東北、北海道は所々で雨や雪。落雷や突風にもご注意を。

東北を中心に所々で雨

画像A

きょう6日の本州付近は高気圧に覆われて、九州から関東では秋晴れが続きそうです。朝のうちは雲が多い所や、濃い霧が発生する所がありますが、次第に晴れるでしょう。日中は日差しがたっぷりで、行楽日和となりそうです。

一方、上空には寒気の流れ込みが続くため、北日本を中心に雨や雪が降るでしょう。北陸は新潟県など一部で雨や雷雨、東北は日本海側を中心に昼頃から雨の範囲が広がりそうです。急に強まる雨や落雷、突風にご注意ください。北海道の日本海側は昼頃まで雪や雨の降る所がありますが、次第に天気は回復する見込みです。東北の峠道や北海道では積雪状態になっている所もあるため、車の運転はいつも以上に慎重にしましょう。

また沖縄は、湿った空気の影響で、先島諸島や沖縄本島地方で、にわか雨の所がありそうです。

最高気温はきのう5日と同じくらいで、平年並みの所が多いでしょう。九州から近畿は20℃前後と、快適な陽気が続きそうです。関東は18℃くらいの予想で、晴れる時間が長い分、きのうほどの肌寒さはないでしょう。

服装の目安は?

画像B

きょう6日の服装指数です。

北海道は、朝と夜は冬のコートが必要でしょう。東北と北陸も朝は冬のコートがないと寒いくらいですが、日中は軽めの羽織る物でちょうど良さそうです。関東から九州は、日中は上着なしで過ごせる所があるものの、朝晩はトレンチコートやジャケットが必要でしょう。沖縄は、半袖と長袖を重ね着して調節すると良さそうです。

服装指数は、朝晩や日中の予想気温からどのような服装が適しているか提案するものです。お出かけする時間帯に合わせて調節できる服装にしましょう。人により暑さや寒さの感じ方が異なるため、服装選びの参考にしてください。