前10日間の降水量は、九州や中国地方、東海、関東、東北南部の太平洋側を中心に、平年の10%以下の所が多くなっています。きょう6日は、広く乾いた空気に覆われています。火の元、火の取り扱いにご注意ください。

前10日間の降水量 平年の10%以下も 長崎市では13日連続して降水なし

10月下旬ごろから、日本付近は大陸からの高気圧に覆われることが多くなっています。
きのう5日までの10日間の降水量の合計は、九州や中国地方、東海、関東、東北南部の太平洋側を中心に、この期間の平年の10%以下の所が多くなっています。

長崎市では、10月24日からきのう5日まで13日連続で、降水がありませんでした。きょう6日も降水がないと、降水なしが14日連続になります。長崎市で、秋(9月〜11月)に14日連続で降水がないと、2013年(9月9日から28日の20日連続)以来、9年ぶりになります。

きょう6日 乾いた空気に覆われる 最小湿度10%台も

画像B

きょう6日も、日本付近は、大陸からの高気圧に覆われています。
広く乾いた空気に覆われて、午前11時までの最小湿度は、全国で最も低くなっているのは、長野県開田高原で16%です。
主要都市では、札幌市32%、東京都心46%、名古屋市32%、大阪市49%、福岡市41%などとなっています。

午前11時現在、九州や北海道の太平洋側など、乾燥注意報が発表されている地域があります。火の元、火の取り扱いにご注意ください。肌の保湿も心がけるとよいでしょう。