この先2週間の北海道は、上空の寒気の影響で平地で雪の降る恐れがあり、積雪が観測される所も出てくるでしょう。また、気温の変化が大きく、過ごしやすくなったかと思えば急に寒くなったりしそうです。早めに冬の準備を済ませ、日々の気温差で体調を崩さないよう注意してください。

前半の天気(7日〜13日)

天気は数日の周期で変わる所が多いでしょう。道南や道東を中心に晴れる日もありますが、8日(火)から10日(木)にかけては気圧の谷が通り、道北や道央などで雨の降る所がありそうです。なお、10日(木)頃は、気圧の谷が通過した後、一時的に上空に強い寒気が流れ込み、平地でも雪の降る恐れがあります。最新の気象情報や、路面状況の変化に注意してください。
また、週末は広く天気が崩れますが、南からの暖かい空気が入ってくるため、降る物は雨となりそうです。

気温は平年並みか高く経過する見込みです。日中は13度くらいまで上がる所が多くなるでしょう。特に道東や道南など。日差しがしっかりと出る地域では、まずまず過ごしやすい気温となりそうです。

後半の天気(14日〜19日)

画像B

週の前半は晴れ間の出る所が多いですが、後半になると道北や道央を中心に雨や雪の降る日が多くなるでしょう。この頃になると、平地でも時折雪が降り、積雪状態となる所も出てきそうです。1センチ以上の積雪を観測する主な都市の平年日は、旭川11月4日、札幌・稚内11月12日、網走11月17日、函館11月18日、室蘭・帯広11月24日、釧路12月1日です。
雪が積もってからでは遅いので、タイヤ交換などまだ冬の準備が終わっていないという方は、早めに済ませるとよさそうです。

気温は平年並みの日が多くなる見込みです。
平年並みとはいえ、この頃になると日中でも一桁の気温が当たり前となります。また、前半(7日〜13日)の気温が平年並みか高めの予想で、14日以降に平年並みとなると、急に寒くなったように感じることもありそうです。寒さで体調を崩さないよう、しっかりとした防寒対策を心がけ、日々の体調管理を万全に行うようにしてください。