きょう7日は、広く晴れますが、午後は四国や東海など、太平洋側で雨の降る所があり、夜は関東南部の沿岸部を中心に、雨雲に変わりそうです。沖縄も雨が降りやすいので、傘があると安心です。九州〜東海を中心に、朝晩と日中の気温差が大きくなりますので、服装選びにご注意ください。

天気のポイントは?

画像A

きょう7日は、本州付近は、高気圧に覆われるでしょう。そのため、九州から北海道にかけて、広く晴れる見込みです。北陸や東北の日本海側では、午前中は所々で雨が降りますが、天気は回復する所が多くなりそうです。紅葉が見ごろの所では、青空とのコントラストを楽しめるでしょう。

ただ、天気のポイントは「太平洋側で、雨が降りやすい」ということです。

太平洋側では、風と風がぶつかることで、雨雲が発生しやすくなるでしょう。午後は、四国や東海で雨の降る所がありそうです。

関東も、夜は南部の沿岸部を中心に、雨が降るでしょう。東京では、傘マークはありませんが、お帰りの時間帯は、雨具が必要です。夜は、千葉県など本降りの雨で、局地的に雷雨になりそうです。

伊豆諸島は曇りや雨で、午後は雷を伴い激しく降る所があるでしょう。落雷や突風、ひょう、急な強い雨に、注意が必要です。

沖縄は雲に覆われ、所々で雨が降るでしょう。こちらも、お出かけの時に雨が降っていなくても、傘をお持ちください。

気温のポイントは?

画像B

きょう7日は、二十四節気の「立冬」で、暦の上では冬の始まりですが、実際は、暦通りとはいきません。

最高気温は、沖縄は25℃くらいまで上がるでしょう。九州〜東海は20℃前後と、昼間は、何をするにも快適な陽気になりそうです。関東甲信や北陸、東北南部は18℃くらい、東北北部は15℃前後、北海道は10℃くらいの予想です。

ただ、気温のポイントは「九州〜東海を中心に、朝晩と日中との気温差が大きくなる」ということです。朝の最低気温は、大阪・名古屋など所々で、今シーズン最も低くなっています。朝晩と日中との気温差が大きくなりますので、服装で上手に調節してください。