東海地方は、この先も、晴れる日が多いでしょう。快適な陽気が続きますが、一日の気温差が大きいため、服装で上手く調節してお過ごし下さい。広い範囲で雨が降るのは、13日となりそうです。

きょう7日は立冬 名古屋など今季一番の冷え込みに

画像A

きょう7日は「立冬」で、暦の上では冬の始まりです。晴れて風も弱かったため、放射冷却が強まり、愛知県や岐阜県、三重県では所々で今季一番の冷え込みとなりました。今朝の最低気温は、名古屋市(千種区)では8.2℃を観測し、平年より2℃ほど低く、11月中旬並でした。日中は20℃を上回った所が多くなりましたが、今夜も晴れてあすの朝にかけて、グッと気温が下がりそうです。暖かくしてお休み下さい。

あす8日の夜は天体ショー日和

画像B

あす8日も、東海地方では各地で秋晴れが続き、夜にかけても、晴れる所が多いでしょう。あすは、「皆既月食」と月が天王星を隠す「天王星食」が起こりますが、絶好の観測日和となりそうです。

愛知県全域と岐阜県美濃地方に乾燥注意報発表中

画像C

きょうは、愛知県全域と岐阜県美濃地方に、乾燥注意報が発表されています。名古屋市(千種区)の最小湿度は、きのうは26%、きょうは38%(15時まで)となっています。今週も晴れる日が多く、空気が乾燥しそうです。火の取り扱いに注意することはもちろん、加湿器などで部屋の水分を補うといいでしょう。うがい・手洗いをしっかりとして、インフルエンザなどの風邪対策をしっかりと行って下さい。また、肌のケアも忘れずに、クリームなどを塗って、カサカサする前にケアをしましょう。

2週間天気後半:15日(火)〜20日(日)

画像D

15日〜16日は、東海地方付近で雲ができやすく、所々で雨が降るでしょう。17日以降は、寒気が流れ込みやすくなりそうです。晴天が続く所が多くなりますが、高山市など飛騨地方では、たびたび雨雲が流れ込む見込みです。最高気温は、平地でも15℃前後の日が出てきて、この時期らしい寒さとなりそうです。