きょう9日(水)の関東は、各地とも青空が広がる見込み。紅葉が進み、見頃を迎えている所では、紅葉狩りも楽しめそう。最高気温は20℃に届かない所が多く、昼間でも薄手の上着やカーディガンなど羽織る物が必要に。

きょう9日(水) 日中は青空 晴れても少しヒンヤリ

きょう9日(水)の関東は、高気圧に覆われる見込みです。

各地とも、朝から日差しが降り注ぎ、スッキリと晴れるでしょう。乾いた空気に包まれて、洗濯日和になりそうです。夕方以降は雲が広がりやすいですが、雨の降ることはないでしょう。

最高気温はきのう8日(火)より低く、20℃に届かない所が多くなりそうです。東京都心や横浜、前橋は19℃、宇都宮は18℃の予想です。晴れても、少し空気がヒンヤリしますので、昼間でもカーディガンなど羽織る物があると良いでしょう。

国営昭和記念公園など紅葉が見頃の所も

画像B

関東では、紅葉の色づきが進み、見頃を迎えている所が増えてきました。

茨城県の袋田の滝や筑波山、栃木県の塩原渓谷、群馬県の伊香保温泉、埼玉県の長瀞、東京都の奥多摩湖や国営昭和記念公園などでは、全体的に紅葉している状態で見頃になっています。

また、東京都の高尾山や明治神宮外苑、千葉県の成田山新勝寺では、色づき始めています。

晴れの天気が続くが、13日(日)は広く雨

画像C

関東では、12日(土)にかけて晴れの天気が続く見込みです。13日(日)は気圧の谷や湿った空気の影響で広い範囲で雨が降るでしょう。週末に紅葉狩りを予定されている方は、12日(土)の方が良さそうです。14日(月)以降は天気が変わりやすいでしょう。

最高気温は平年並みか平年より高い日が多い見込みです。昼間は過ごしやすい陽気で、木々の葉が色づく様子を眺めながら公園を散策するにも良いでしょう。ただ、朝晩と昼間の気温差がかなり大きくなりますので、体調を崩さないように、服装をうまく調節なさってください。