道内は、11日(金)にかけて割合晴れる所が多くなります。しかし、12日(土)には広く雨となり、13日(日)には雨や風が強まって荒れた天気となるでしょう。低気圧の動向によっては大荒れの天気となる恐れがあります。

11日(金)までは広く高気圧の圏内に

今日(9日)の北海道付近は、本州方面から高気圧が張り出し、太平洋側を中心に晴れている所が多くなっています。この後は今夜から明日(10日)朝にかけて北から延びる寒冷前線が通過するため、日本海側の一部で雨の降る所がありそうです。雨は一時的なものとなる見込みですが、局地的にザッと降る恐れがあります。帰宅が遅くなる方は念のため雨具があるとよいでしょう。

明日朝の寒冷前線の通過後は再び高気圧が張り出すため、明日は広く晴れる見込みです。11日(金)日中にかけては高気圧の圏内となるため、晴れの天気が続くでしょう。なお、11日夜には西から次の気圧の谷が接近し、日本海側北部の一部で雨が降りだす恐れがあります。

12日(土)〜13日(日) 低気圧が発達しながら接近・通過 大荒れの恐れも

画像B

12日の北海道付近は、東から高気圧が張り出すものの、西からは低気圧や前線が接近し、次第に前線や低気圧を含む気圧の谷の中となって気圧の傾きが大きくなるでしょう。なお、前線の東側では暖かく湿った空気の流れ込みが強まる見込みです。太平洋側などで晴れ間がありますが、次第に雲が広がりやすくなるでしょう。日本海側北部やオホーツク海側などでは雨が降り、風も強まってきそうです。傘の差しにくくなる所もあるでしょう。

13日は低気圧が発達しながら北海道付近を通過する見込みです。全道的に雨が降り、沿岸を中心に風も強まって荒れた天気となるでしょう。低気圧の発達の程度によっては大荒れの天気となる恐れもあるため、特に外出などを検討している方は最新の気象情報を確認して下さい。なお、この低気圧の西側には強い寒気があるため、大気の状態が非常に不安定となる恐れがあります。竜巻などの激しい突風の発生する恐れもあるため、13日は空の様子の変化が気になる日となりそうです。

14日(月) 寒気が流れ込んで急激に気温が下がる

14日は大陸方面から高気圧が張り出しますが、上空には強い寒気が流れ込むでしょう。13日に平年より大幅に高かった気温が一気に下がり、14日は日中でも気温が上がりにくく、前日との気温差もあって急激に寒くなったように感じられそうです。また、この寒気によって海上で雨雲が発生し、日本海側やオホーツク海側に流れ込む恐れがあります。時折雨が降り、雪のまじることもありそうです。

寒気の程度や朝晩の冷え込みなどによっては、14日は札幌周辺でも雪の降る可能性があります。