今週末12日(土)〜13日(日)は久しぶりに広い範囲で雨が降るでしょう。この雨の後は、北から寒気が流れ込み、来週初めは急に寒くなりそうです。北日本は雪の所もあるでしょう。

週末は前線が南下 来週はじめは寒気が流れ込む

画像A

日本付近は高気圧に覆われて、乾燥した晴れの天気が続いています。
この先12日(土)は日本海に前線がのびて、13日(日)にかけて、前線上の低気圧が発達しながら北海道付近を通過する見込みです。
低気圧からのびる前線が本州付近を次第に南下するでしょう。

この前線が南下した後は、北日本を中心に冬型の気圧配置となり、寒気が流れ込む見込みです。
前線通過のタイミングで、天気も気温もガラッと変化しそうです。

12日(土)〜13日(日)は広く雨 15日(火)は関東で冷たい雨か

画像B

今週末は、西日本から北日本の広い範囲で雨が降るでしょう。
北海道は、低気圧の発達で荒れた天気になるおそれがあります。今後の情報にご注意ください。

今のところは、12日(土)は、日中は日が差す所が多く、天気が崩れるのは夜からとなりそうです。
13日(日)になると、九州から北海道にかけて広く雨で、所々で雷が鳴ったり、雨の降り方が強まることもあるでしょう。
関東も天気が変わりやすく、短い時間に雨がザっと降ることがある見込みです。

この前線が南下した後、全国的に北風が強まり、寒くなってきます。

14日(月)は日本海側は北日本を中心に雲が広がりやすく、北海道では平地でも雪の降る所がありそうです。
太平洋側は天気が回復して晴れますが、日差しがあっても気温があがりにくいでしょう。

また、15日(火)は、関東で冷たい雨になる可能性があります。

週明けは気温急降下 寒さ対策を

画像C

こちらはこの先1週間の予想最高気温です。

13日(日)までは、九州〜東北にかけて最高気温は20℃以上の所が多く、日中はこの時期としては暖かく感じられそうです。

ただ、14日(月)は、前日に比べて一気に5℃以上気温の下がる所が多くなります。
仙台の最高気温は15℃以下で冬のコートが欲しいくらいに。東京や大阪、福岡なども20℃に届かず、昼間も厚手のジャケットが必要なくらいになりそうです。

また、15日(火)は、特に関東は冷たい雨で気温が上がらず、15℃を下回る可能性もあります。初冬の寒さとなりそうですので、しっかりと寒さ対策をしてお出かけください。