この先、2週間程度は全国的に気温が平年より高い日が多いでしょう。11月終わりになると一転して、強い寒気が流れ込み、急に寒くなりそうです。10日発表の最新の1か月予報です。

この先1か月の天候のポイント

画像A

この先1か月は、暖かい空気に覆われやすく、全国的に気温が高いでしょう。北日本では今週末にかけて、西日本と沖縄・奄美では再来週25日頃にかけて、気温がかなり高くなる所がありそうです。一方で、11月終わりには強い寒気が流れ込み、全国的に急に厳しい寒さがやってくるでしょう。この先の暖かさに油断せず、早めに本格的な寒さに備えておくとよさそうです。

北日本では低気圧の影響を受けやすいため、降水量は平年並みか多いでしょう。一方、沖縄・奄美では気圧の谷や湿った空気の影響を受けにくいため、降水量は平年並みか少ない見通しです。

1週目(11月12日〜11月18日)のポイント

13日は、低気圧が北日本を通過し、低気圧から延びる前線が本州付近を通過します。このため、北日本を中心に荒れた天気となる所があり、大雨となる所があるでしょう。その後は一時的に冬型の気圧配置となるものの、長くは続かず、本州付近は次第に高気圧に覆われる見込みです。

北日本から西日本の日本海側では平年と同様に曇りや雨の日が多く、北日本では雪の降る日もあるでしょう。一方、太平洋側は晴れる日が多くなりそうです。沖縄・奄美は曇りや雨の日が多いでしょう。

気温は全国的に平年より高い日が多く、特に北日本や西日本、沖縄・奄美では今週末はかなり高くなりそうです。

2週目(11月19日〜11月25日)のポイント

北日本から西日本の日本海側では平年と同様に曇りや雨の日が多く、北日本では雪の降る日もあるでしょう。一方、太平洋側は晴れる日が多くなりそうです。沖縄・奄美では、気圧の谷や湿った空気の影響を受けにくく、平年に比べ曇りや雨の日が少ないでしょう。

気温は全国的に平年より高く、西日本や沖縄・奄美でかなり高くなる日がありそうです。

3〜4週目(11月26日〜12月9日)のポイント

北日本から西日本の日本海側では平年と同様に曇りや雨の日が多く、北日本では雪の降る日が多いでしょう。寒気の強さによっては、東日本から西日本の日本海側でも雪になる日がありそうです。一方、太平洋側は乾燥した晴天となる日が多いでしょう。沖縄・奄美は曇りや雨の日が多くなりそうです。

気温は平年並みの所が多く、西日本では平年より低くなる見込みです。強い寒気が流れ込み、11月とは思えない暖かさから一転、急に冬の厳しい寒さに見舞われそうです。冷たい北西の季節風が吹き、季節が一気に進むでしょう。東日本や西日本でも冬のコートやマフラー、手袋など万全な寒さ対策が必要になりそうです。

【北日本】北海道・東北
【東日本】関東甲信・北陸・東海
【西日本】近畿・中国・四国・九州