気象庁発表の1か月予報によると、中国地方は11月末ごろから気温は平年並みか平年より低くなるとのことです。向こう2週間は、来週前半は一時的に寒気が入りますが、今週末12日(土)は汗ばむ陽気になるなど、気温変化が大きくなるでしょう。その後、平均気温は高めで経過しますが、11月末には一気に寒くなる見込みです。峠越えなど予定されている方は凍結などに備えて、11下旬までには冬用タイヤの準備など車の冬装備をしておくと良さそうです。

2週間天気前半 汗ばむくらい から この時季らしい寒さへ

画像A

今週末12日(土)、中国地方は本州の東の海上に中心を持つ高気圧に広く覆われて、晴れる見込みです。行楽日和となるでしょう。
日中の最高気温は25度くらいになる所もあり、汗ばむ陽気となりそうです。
朝と昼間の寒暖差が大きくなるため、体調管理にお気をつけください。

13日(日)は前線や湿った空気の影響で全般に雲が多くなり、朝には西部で雨が降り出すでしょう。日中は広く雨が降り、雷を伴い雨脚の強まる所がある見込みです。


14日(月)〜17日(木)は寒気の影響で晴れたりくもったりでしょう。山陰や中国山地沿いを中心に雨の降る所がある見込みです。
汗ばむくらいの暑さから一転して、この時季らしい寒さとなる見込みです。暖かくしてお過ごしください。

2週間天気後半 気温は平年より高め くもりや雨の日が多くなる

画像B

19日(土)からは気圧の谷や湿った空気の影響でくもりや雨の日が多い見込みです。朝の冷え込みは弱まりますが、日中は日差しが届きにくく、寒く感じられるでしょう。

強い寒気の南下はなさそうですが、11月末になると一気に強い寒気が南下するおそれがあります。峠越えなど予定されている方は特に、早めに冬用タイヤの装備などしておくと、安心です。