今週末の北海道は、日本海側を中心に大雨や荒れた天気となる恐れがあります。最新の気象情報に注意が必要です。土曜日、日曜日と来週以降の天気を、それぞれ細かく解説します。

12日土曜日 地域によって天気に差がありそう

北海道付近には東海上から高気圧が緩やかに張り出しますが、北には気圧の谷がのびてくる見込みです。
道北は午後を中心に雨が降りやすく、宗谷地方などでは時折降り方が強まることもあるでしょう。明日一日で降る雨の量は、多い所で30〜50ミリの見込みです。気温が高めとなるため、山沿いなども含めて、降るものは雪ではなく、ほとんどが雨となりそうです。
一方、その他の地域は道南方面や道東を中心に晴れ間の出る所が多くなります。今日ほどの青空ではありませんが、広い範囲で日差しに恵まれるでしょう。

北海道には南から暖かい空気が流れ込むため、最高気温は、15度前後まで上がる所が多く、平年より5度くらい高くなるでしょう。日差しの出る地域では、沿岸で風が強まりますが、それでも割合過ごしやすく感じられる所が多くなりそうです。

13日日曜日の天気 広く雨で降り方や風が強まる

低気圧が発達しながら北海道付近を通過し、大気の状態が不安定で、気圧の傾きが大きくなるでしょう。
日曜日は、全道各地で雨が降りやすくなります。午後は北海道の西半分を中心に広い範囲で雨脚が強まりますが、特に雨が多くなるのは道北となり、低気圧の発達の程度によっては週末合わせて局地的に100ミリ以上の大雨となる恐れもあります。土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水などに注意してください。また、広い範囲で風も強まり、特に日本海側では沿岸を中心に警報級の暴風となる恐れもあります。
週末は外出する方も多いと思いますが、最新の気象情報や交通状況などをしっかりと確認するようにしてください。

なお、北海道に暖かい空気が流れ込みやすい状態が続くため、日曜日も降るものは雨の所がほとんどでしょう。日曜日の夜遅くから月曜日にかけては、峠や山間部で雪に変わる所が出てきそうです。

来週は平地で雪の日もありそう

14日月曜日には、一時的ではありますが上空にやや強い寒気が流れ込む予想となっています。そのため、日本海側を中心に雪が降り、平地でもうっすらと積もる所もありそうです。札幌ではまだ今シーズンの初雪が観測されていませんが、この頃には札幌でも雪がちらつき、初雪の便りとなるかもしれません。
その後、太平洋側やオホーツク海側では晴れ間の出る日が多いですが、日本海側は雲が広がりやすく、時折上空に寒気が入って雪となる所もありそうです。

立冬も過ぎ、本格的な冬のシーズンが近づいてきている北海道ですが、冬の準備がまだ終わっていないという方はタイヤ交換や冬囲いなどを早めに行って、いつ雪が積もっても大丈夫なようにしておくと安心です。