西日本や東日本では紅葉の見ごろを迎えている所が多くなっています。あす12日(土)も日中は広く晴れて紅葉狩りにお出かけするには最適な陽気となるでしょう。

紅葉の見ごろ迎える

きょう11日(金)は、気象台は奈良と富山、山形でイチョウの黄葉を発表しました。奈良は平年より7日早く、昨年より8日早い観測、富山は平年、昨年よりともに8日早い観測、山形は平年より1日遅く、昨年と同じ観測です。また、青森ではカエデの紅葉の発表があり、平年より2日早く、昨年より5日遅い観測になります。

九州から東北南部の広い範囲で紅葉の見ごろを迎えています。市街地でも街路樹などの木々が綺麗に色づいている様子が見ることができます。

tenki.jp 全国の紅葉スポット人気ランキングベスト3の東京都の高尾山や京都府の嵐山は色づきはじめていて、新潟県の弥彦公園(もみじ谷)では見ごろをむかえています。

今週末は土曜日が紅葉狩り日和

画像B

あす12日(土)も、本州付近は高気圧圏内となり、九州から北海道は日中は晴れる所が多くなるでしょう。青空と色づいた木々とのコントラストが美しく見えそうです。昼間の気温は、九州から東北にかけて、20℃以上と上着がなくても散策には過ごしやすい気温となりそうです。九州では25℃以上の夏日でこちらは半袖でも過ごせるくらいの暑さとなりそうです。

あさって13日(日)は、前線や湿った空気の影響で、雨が降る所が多く、降り方や風の強まる所もありそうです。この土日ならば、あす12日(土)が紅葉狩りにはよさそうです。

沖縄では、13日(日)の方が晴れて、お出かけ日和となるでしょう。